《BitFlyer専用自動売買BOT》 INO氏のNOTEを試し、BOT化してみた!《BOT入門者向け》

2019/1/25追記 ONIBOT Ver.2をリリースしました!BITFINEXの成行注文を1秒ごとに記録し、大きさによって即座に指値注文のキャンセル、または、ポジションを持っていた場合には強制決済を可能にしました。加えて、損切と利確の基準を、水平線ではなく約定した指値価格からの距離としています。無料編の「⑥ONIBOTのロジック」に概要、詳細は有料編に記載しました。



NOTEをご覧いただきありがとうございます!


さっそくですが、
簡単に自己紹介をさせて頂きます。現在と某会社のシステム関連部署でサラリーマンをしており、一昨年より仮想通貨に参入をしました。土日を中心にBOT開発で学んだ経験や市場の相場観を、ツイッターやNOTE等で情報発信しているとあるトレーダーです。いずれ正体は公開させて頂こうと思いますが、まずは匿名にてNOTEを出させて頂きます(すぐ正体が誰だか気が付く人もいるかと思いますが、気が付いたらこっそり本アカウントへ連絡してください(笑))

このNOTEでは皆さんご存知、神noteの一つである、INO氏が書き上げた『少額ハイレバで効率よくヒゲを取る前提の、BTCFXスキャ手法まとめ@2018』を参考に、INO氏のトレード手法をBOT化し、今までBOTとは無縁だった人でも運用ができるようにまとめた記事になります。BOTだけでも買い→売りは完結していますが、裁量と併用ができますので、まずは裁量をしながら片手間にBOTを運用してみてください。

BOT入門者向けにBOTTER界ではよく使用される、Cloud9という無料の環境でBOTを運用できるように、その登録手順から丁寧に説明しています。想像しているよりBOT運用は簡単ですので、これを機会に、BOT運用ってどんなものなのかな~、と思っている方に参考にしてもらえればと思います!


ちなみに、BOTの名前は(INOさんを逆から読んで)ONIBOTと命名させて頂きました。INOさんすみません(笑)
また、専用アカウントを作りましたので是非フォローお願いします!→@yt_bfmaster





NOTEの内容は次の通りになります。少々長いですが読み物程度にご一読頂き、興味があればご購入頂ければと思います(^_^)


① INO氏について
② BOT化の理由
③ BOTの限界 ~裁量にはかなわない?~
④ 対象購入者とリスク
⑤ INO氏のNOTEを試してみた実績
⑥ ONIBOTのロジック
⑦ 動作環境説明
-----------------有料部分----------------
⑧ パラメータの具体的な説明とロジックの詳細
⑨ プログラムソースコード



① INO氏について

私が今更説明する必要はないと思いますが、簡単にまとめてみます。


・プロゲーマー

・ゲーム資金のために仮想通貨を始める

・軍資金が多額にあったわけではない

・しかし億り人になる(!)

・いわゆるトレードの天才

・手法を公開してくれている神


ざっと、要約するとこんなところかと思います(笑)


事実のみで端折りすぎましたので自分の意見も付け加えます。


まず、プロゲーマーということがINOさんのトレード手法の原点になっているのだと思います。INOさんはプロゲーマーであるからこその、卓越した動体視力、瞬時の判断力、そして、勝ち負けのメンタルやセンス、がずば抜けています。

コンマ何秒の世界で戦うプロゲーマーが、トレードで優位なことは説明するまでもないです。プロゲーマー→トレーダーは非常に相性の良い(?)、ジョブチェンジだと思います。

即座に値動きを判断する動体視力や、多情報の中で必要なものを取捨選択する判断力が、トレードにおいて必要なことは皆さんご存知かと思います。

勝ち負けのメンタルについていえば、色々な角度の意見があると思いますが、共通しているのは、決まった時間内で集中力を極限まで高め、高パフォーマンスを出す、ということです。トレードでもゲームでも同じですが、動き続ける時計の中、限られたリソースで他者と戦い続けなければいけません。トレードも究極を言えば相手との金の奪い合いであり、点数や主観的事実で判断されるのではなく、勝ち負けがはっきりしていてゲームと似ている要素を持っていると思います。


トレードではメンタルが非常に大事ですが、ゲーマーという言わば、一般社会の優等生が進む道ではない≒通常の安定的な収入を望まない≒お金に強い執着がない≒損益に惑わされずに判断が出来る、という構図が出来上がっていることも、INO氏がトレードにおいて抜群のセンスで稼ぐことが続けられる理由だと思います。

そこには、トレードを一種のゲームとして考えていることが、損益に対する強い執着を生まずに冷静にトレードをし続ける、ゲームで言うならば相手を倒し続けられる理由かと考えています。



以上が勝手ながら、なぜINO氏がトレードの世界において素晴らしい結果を出し続けられかの私なりの考察です!もちろん個人の推測ですので、論理関係は違うのかもしれませんのでご了承ください。



そして、一番気になるINOさんのトレード手法ですが、それが公開されているのがこのNOTEです↓




私の正直な感想としては、、、







そこまで公開していいの?(笑)というレベルの神NOTEです。仮想通貨のスキャルピングをする方は間違いなく購入すべきNOTEで、買って後悔している購入者はいるのでしょうか。

心構えはもちろん、具体的なトレード手法が説明されていて、正直ここまで開示されたら億トレーダーになれるんじゃないか、という内容の濃さでした。濃すぎて消化しきれない読者も多いのではないかと想像が出来ますが、あえて私が思う悪いところを言うとしたら、文章構成が複雑なところ(笑)のみです。(それはトレードの本質ではありませんね)

このINOさんのNOTEでは具体的なトレード手法を中心に書かれていますので、トレード成績が悪い人や既に儲かっている人も、まだ購入していない人は絶対に買うことをお勧めします!(値上げされると聞いていますので早いうちに!!)




加えて、私が他のトレーダーではなく、INOさんを尊敬している理由がもう一つあります!




それは、






自身のトレード手法を明確に言語化しロジックに落とし込めていること




これはとても重要なことです。


仮想通貨トレードで勝っているトレーダーは他にもたくさんいます。INOさん以上の利益をコンスタントに出している人も皆さん多く知っていますね。


しかし、多くのトレーダーは、自身のトレード手法を言語化しロジック化することが出来ていない、と思います。なぜ、勝っているかの理由がなんとなくボヤっとしていて聞いても納得できないし一貫性がない、というのがよくあります。(おそらくINOさんを除いてはあの方ぐらい・・)


それは勝っている手法を明かしたくないのではなく、自身でも、腑に落ちるところまでシステム化されていなく、感と経験に頼ってトレードをしているからだと考えています。

勝っているトレーダーは多くいても、INOさんみたく自身の勝ちロジックをここまで言語化できるトレーダーは他に知りません。勝てばよくて感と経験でも問題ないのかも知れませんが、私自身は理系ということから納得ができず、結果としてINOさんを最も尊敬するトレーダーとしているのかもしれません。


INOさんのNOTEはこちら↓です。まだ購入していない方は是非買うことをお勧めします!!




② BOT化の理由


おそらく、BOTトレードをしたことがある人ならINOさんのNOTEを読んで気が付いたことがあると思います。



そうです。






これBOT化できるじゃん… 


です。



BOTと言えば、ひと昔で言えばドテン君、今で言えばmmbot、という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、あの荒稼ぎをしている自動売買システムのことです。トレーダーにとっては目を背けたくなる存在のあいつらです!



INOさんのNOTEはトレードロジックをかなり詳細なところまで言語化してくれているので、BOT化できることに気が付いたトレーダーも多くいると思います。BOT化できるのであれば、人が判断するよりか間違いなく効率や正確性が高いのは言うまでもありません。


INOさん程の高い情報処理速度の脳を持っている人であれば、BOTは必要ないかもしれません。しかし、一般人にとってBOTは強力なツールになります。目で見て市場を観察するより、システムで計算させた方が速いし正確です。人間が観察できる情報は限られていますが、取引所のオープンAPIを使えば、例えばBOTに全板情報を0.1秒以内に取得させ、計算させ、その結果注文を出すことができます。人間とは比較にならない圧倒的な速度で即座に処理が可能なのです。


トレードにおいてメンタルが大事な要素であることは言うまでもありませんが、BOTであればその心配も一切ありません。全自動でポジションを取り、システマチックに利確・損切ができるので感情に惑わされることはありません。

さらに言えば、私みたいにパソコンに張り付くことができない人にとってもBOTは便利なツールになります。定期的に問題なく稼働しているか確認をすれば、その間は家族の事や他の仕事ができるのです。


これら理由がINOさんのNOTEをBOT化しONIBOTを作った経緯になります。理系なこともあり、人間の判断よりプログラムや数式を信じていますので、BOT化することで収益向上を目指し作成しました。(収益の結果は下でご紹介しています!)




③ BOTの限界


なぜINOさんのトレード手法をBOT化したかはこれまでに説明しました。さて、はたしてNOTEに書いてあるトレード手法や判断条件を全てBOT化したかというと、そんなことはありません。。。


NOTEではいくつかの相場の状況によって、トレード手法が分かれていますが、ONIBOTはヒゲを取ることを目的としたBOTです。さらに、NOTEでは細かく分かれている判断条件ですが、プログラミング的に判断条件はif文を使っていくらでも作ることができるのですが、あまり条件を細分化するのも現実的ではないので、最も有効な部分を残し最終的には非常なシンプルな作りになりました。


特に利用している情報は未来の情報と言われる板情報を最大限利用しています。INOさんのNOTEで紹介されているスキャルピングの基本は板読みですので、幾度となく板データを取得しています。注文条件やキャンセル条件も全て板情報から判断しています。
INOさんのNOTEを100%忠実にこなしている方にとっては、ずいぶんシンプルだな~、と思うかも知れません。具体的なONIBOTのロジックは、⑥ONIBOTのロジックで紹介しているのでそちらで確認してください。





突然ですが、



ONIBOTも含めてBOTトレードは裁量のスキャルピングに匹敵するでしょうか?






個人的な結論としては、、、




裁量のスキャルピングのパフォーマンスをBOT単体で出すことは難しい

と考えているのが本音です。


ONIBOTを販売しといて何ですが、裁量スキャルピングはBOTより利益を上げられると考えています。



その理由は、



BOTでは異例対応時のシステム化やロジック化が難しい



これに尽きるとおもいます。通常の運用時であれば、BOTは裁量スキャルピングと同等のパフォーマンスを出すことができるかもしれません。

しかし、異例対応時にBOTでは臨機応変に市場や自身のポジションなどの情報を複合的に判断することができません。やはり、プログラミングされた動きに限定されるので、そこで人間に勝つのは難しいです。つまり、BOTは人間程柔軟に動くことが出来ないので、人間が行うトレードの方が稼ぎが多いのです。

深層学習などのAIの手法を用いたらどうか?という意見があるかもしれませんが、やはり人間ほど初見の状況に正しく反応することはできません。特にトレードにおいては過去の状況から未来を学習させることになるので、過学習に陥るのが目に見えています。





結局、BOTトレードは良いのか?良くないのか?




結論としては、継続して勝っているトレーダーにはBOTは必要がないと思います。BOT単体より、裁量の方が儲けの絶対額が多くなることには違いありません。

しかし、大部分のそうでないトレーダーは、BOTを使いながら裁量トレードをすればいいのだと思います。使うか・使わないかの2択ではなく、裁量スキャルピングをしつつBOTを使うことが利益を最大化する一番の近道ではないかと考えています。


無理に一つに決める必要はなく、補助ツールとしてお互いの強い点・弱い点を補完しながら運用していくのが良いのではないでしょうか。



④対象購入者とリスク


ONIBOTの購入対象者ですが、現時点で裁量スキャルピングが上手くいっているのであれば、BOTに頼る必要はないと考えています。ですので、そういった方よりかは、裁量スキャルピングが上手くいっていなく、BOTトレードをやってみたいな~、という方に購入頂ければと思います!


加えて重要なことですが、ONIBOTは利益を確証しているものではありませんのでご理解ください。ONIBOTを運用したからといって必ず儲かるわけではありません。事前に決める水平線やパラメータによってパフォーマンスは左右します。

また、APIを使用した取引ですので、bitFlyerの遅延等の影響で想定外のポジションを持つことがあります。(例えば、キャンセル注文が通らなかったり、注文が思いのほか遅れて通ったり…等) 1日中ずっとBOTを動かし続けられる程の完璧なポジション管理を組み込んではいませんので(これをやると裁量との併用ができなくなってしまいます)、動作中は定期的にポジションを目視し、もしも遅延の影響を受けていたら手動で対応をしてください。大きなロットで運用をする前には、必ず小さいロットで試しロジックや動作にご納得してからロットを上げてください。

利益も損失もご自身の責任でお願いします。どんな自動売買BOTやツールにも当てはまりますが、これらの投資は自己責任だという点をご了承頂けない方は購入の検討をおやめください。



⑤INO氏のNOTEを試してみた実績


ここが皆さん最も興味があるところかもしれません(笑)

具体的な数値を出してしまうとすぐに誰だか気が付く人がいるかもしれないので、この場では伏せさせて頂きます。



INOさんのNOTEを購入しONIBOTを作成した後は負けなしで推移しています。途中ノートレの日もありますが、1月10日に最も大きな利益を出し、それ以外もコンスタントに稼げています。
もちろん、ONIBOT単体のみの運用結果ではありませんが、INOさんのNOTEのおかげでかなり安定的に稼げることができるようになり、いつまで続くかわかりませんが、NOTEの購入代金の何十倍以上もの利益を上げれています




⑥ONIBOTのロジック

有料部分では実際に入力するパラメータを用いて詳細に説明をしますが、ここでは購入前にONIBOTの概要を掴むために簡単に説明します。


まず、ONIBOTはヒゲ取りを目的としています。注文条件やキャンセル条件も含め、未来の情報であるBitFlyerの板情報をからリアルタイムにデータ取得し、それを計算し売買の判断を行っています。


■注文条件
入力した水平線の価格の前後にある範囲の板の量を計算します。その前後の板の量が一定値以上の場合に、指値注文を出します。指値を注文する価格は、計算した前後の板の量の中で最も大きい板から少し内側に注文を出します。
【入力する水平線】、【前後にある範囲】、【一定値以上の閾値】、【少し内側の位置】、これらは全てパラメータ化しているので、戦略に応じて自身で調整可能です。



■キャンセル条件
指値注文はその後放置ではありません。キャンセルは次のいずれかを満たした場合に、キャンセルを実行し再度指値注文を注文条件に沿って特定します。


4つのキャンセル条件

① 数秒前の価格と現在価格の間に一定量以上の注文ができた
② 注文後に、水平線前後の板の量が閾値以下になった
③ 水平線前後のある範囲で、最大の板が自分の注文より内側にきた
④ 価格が変わり参考にする水平線が変わった



その他の説明や実際のパラメータを使用した説明は有料部分でしています。



 ▽▽▽ 2019/1/25追記 ▽▽▽


ONIBOT Ver.2では上記の4つのキャンセル条件に加え、BITFINEXの成行注文を1秒ごとに記録し、大きさによって即座に指値注文のキャンセルと損切を可能にしました。パラメータを使った具体的な説明は有料編に説明しています。


それぞれ価格変動の初動と言われているBITFINEXの成行注文をリアルタイムに把握し許容値以上である場合に、指値注文のキャンセル、または、ポジションを持っていた場合には強制決済を可能にしています。




△△△ 追記ここまで △△△



⑦動作環境説明

BOTを動かすには、プログラムを動かせる環境が必要です。BOT界ではよく紹介されるCloud9を紹介します。Cloud9を使えば無料で自宅PCの、インターネットが使える環境であればBOT運用ができます。登録方法や最初の初期設定から説明しているので、ソースコードをコピペしパラメータを調整するだけで、ONIBOTの運用が可能です。私自身、Rubyをメインに使っていませんが、入門者にとっつきやすく、設定が簡単なプログラミング言語ですので、こちらの言語を使って環境構築の初期設定とソースコードをご紹介します。


↓にまとめましたので、手順に従って動作環境の構築をしてみてください。






ここから先は有料になります。
有料編ではONIBOTのソースコードを紹介しています。また、実際に使うパラメータを用いて、これまでに話せなかった詳細なロジックを説明します。


値下げはしませんが、購入者が増えてきたら値上げをするので、購入を検討しているのであれば早いうちに購入した方がお得です。29000円スタートで、39000円→49000円→販売終了、とする予定です!

また、INOさんのNOTEを買わずにここまで読まれた方は、まずはINOさんのNOTEを買ってみてください。それを買わずしてこのNOTEを買ってもあまり意味がないかなと思います。




▽▽▽ 2019/1/21追記 ▽▽▽


NOTEの購入をお勧めしない、3パターンの人

販売してから何人かの方の反応を見て感じる、(私が言うのも変ですが)このNOTEの購入をお勧めしない3パターンの人を紹介します!買うか悩んでいる方は、もし自分が該当するのであればやめた方がいいかもしれません・・・


1. すでにプログラミングができる方!
既にプログラミングができるのであれば、わざわざこのNOTEを買う必要はないと思います。至極複雑の超上級者でないとプログラムできないようなロジックではないので、プログラミングができるのであれば、INOさんのNOTEを良く読み自身でプログラミングをし試行錯誤するのが良いと思います。その方が楽しいですし、自身のプログラムには愛着(笑)を持って接することが出来ます。また、今はプログラミングができなくても、今後やってみたいな~、と思っている方もこれを機会にプログラミングに挑戦してみるのも良いと思います。INOさんのNOTEを参考にすれば条件分岐がわかるので、自身で挑戦するのも一つです!


2. 何もしたくない方!
BOTのみでずっと運用が出来るような完璧なポジション管理をONIBOTには組み込んでいません。というのも、BitFlyerの遅延等に対応するには、自身のポジションを正確に管理し、BOTのロジック以外に成行注文等を駆使してポジションをスクエアするしかありません。BitFlyerは遅延が起こることは避けられない一方で、裁量トレードで持っているポジションをONIBOTが勝手に成行注文で処分しない事、や、ONIBOT以外の裁量トレードで出した指値注文を勝手にキャンセルしない事、を優先するとONIBOTで完璧なポジション管理することが難しい実態があります。上部にも書いてありますが、動作中は定期的にポジションやBOTを目視し、もしも遅延の影響を受けていたら都度対応をしてください。


3. ロジカルに扱いたくない方!
ONIBOTはBOTなので根拠を持って判断します(あたりまえですね)。その根拠は何かというと『数値』です。要するに、パラメータを設定しそのパラメータに従って注文やキャンセルをするので、BOTが行動をする根拠を『数値』で与える必要があります。だいたい多くなったら注文しといて~、とか、少なそうになったらキャンセルして~、等はBOTに頼めません(笑)。それはBOTからしたら、だいたい多いって何BTC?・少なそうって何円?という感じです。なので、ONIBOTには(BOT運用ではあたりまえなのですが)数値でパラメータの設定する必要があります。


以上が、私がとりあえず思うNOTEの購入をお勧めしない3パターンの人です。私的には、買ってもらった方が嬉しいのですが、とりあえず購入者が後悔しないためにもこれだけは事前に共有させて頂きました。


△△△ 追記ここまで △△△


この続きをみるには

この続き:46,074文字/画像16枚

《BitFlyer専用自動売買BOT》 INO氏のNOTEを試し、BOT化してみた!《BOT入門者向け》

yt_bfmaster

39,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

141

yt_bfmaster

仮想通貨

2つのマガジンに含まれています