見出し画像

8/9新宿ANTIKNOCK + めざせ魔法剣士

トリの遅い時間まで残ってくれてありがとうございました! 対バンが多いと、色々なライブを見れるので楽しい。いつもイベントに呼んでくれるダイゴ君ありがとう。

画像1


セットリスト

画像3

セットリストのリクエストはお気軽に。普段のライブでは、5曲前後に絞ることになるので、むしろ伝えてもらった方が組みやすいです。参考にする確率は高め。

セッティング

弦:WARWICK / RED LABEL / 5弦用45-135/ ニッケル弦
ピック:Ibanez / ELASTOMER(BEL18HD12)

エフェクターボード

画像4

アンプ

画像5

※明るさでアンプが見えづらかったので、撮るタイミング分けました。下のGALLIENは常設アンプで、使っていません。


🌠めざせ魔法剣士

ベースの奏法選択は「"できない"のではなく、"できた上で"どっちか選ぶ」っていう考え方いいですよね。

これは昨日「指弾き/ピック弾きの使い分け話」をFILL THE VOIDオガくん(違うバンドのサポートで来てた)としたときに聞いて、かなり共感したこと。

「"指では弾けないから"ピック」になるのか、どっちでも弾けるけど「"曲のニュアンスに合うから"ピック」にするのか。できるなら後者でいたい。

・・・つまり、「魔法剣士」を目指しているわけです。肉弾戦もいけるし、ときには遠くから魔法攻撃もできる。出す技は、敵(フレーズ)に応じて選ぶ(フレーズは"敵"じゃないけど)。

しかし、どちらも中途半端じゃ魔法剣士には転職できない。戦士と魔法使いをマスターしなければいけないです・・・!

(+肉弾戦を究めて、バトルマスターになるカッコよさも魅力的)

うわー、練習せねば!

(ドラクエもやりたくなってきた!)

そんなこんなで、

"Billy Sheehanがスラップ"してる映像を思い出した一夜でした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

■無料の音楽コラムが15本読めます ⇒https://note.mu/bitokubass/m/mba7555194c5f ■使用機材と音作り方法をすべて解説したマガジン ⇒https://note.mu/bitokubass/m/mff92d4405d49

やったー!!ありがとうございます!!
4

ビトク / Bitoku

ミュージシャン/Sailing Before The Windのベーシスト。音作りや作曲法など、経験にもとづいたノウハウを書いています。ストリーミングの話もたまに。定期マガジンを週1ペースで更新中。

Sailing Before The Windの話

SBTWに関するnoteまとめ