見出し画像

旅をして『じぶんの暮らし』で思うこと

帰国後、街を見渡すと、ふと思うことがあります。

街にはたくさん

行動を制限し、注意を促す看板やサインがあることに。

高さに注意しないとならないときには見えない気もします。


注意がたくさんありすぎて、環境の1つになっています。

それはもう...『注意』していないのかもしれません。


いろんなものを禁止しています。

だから秩序や清潔が保てているのかもしれません。


ただ、はじめて訪れる方はびっくりしてしまうかもしれませんね。

禁止や注意が多いと。

同じ内容が3回繰り返されています。。

行為を促すカタチや導線で、伝えることができれば、街の注意や禁止が減ると、安心して街を歩くことができるように思います。

まだまだ街はデザインできることがたくさんあるんだと思います。

この街の看板を『看板公害』というそうです。

住宅地でも多いなぁと久しぶりに帰ると思います。観光地ならそれ以上。

みなが安心して歩ける街で観光できるといいのになぁと思います。

海外でのんびり過ごすとじぶんの暮らしの違和感にも気づくことができます。

では!!よい旅を!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです...励みになります。
3

bitter

旅プラン作成アプリ『bitter(ビター)』の公式アカウント。 https://www.bitter-trip.com

クリエイティブノート

気になったモノをざっくりとりまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。