小久保重信

業務コンサルタント 【私は】 ・問題発生の構造を解明 、顧客ごとの提案資料 、企業の良さと標準化を両立 、やり方は無限 、プロジェクトの結果重視 【一般は】 ・問題指摘、犯人捜し 、提案資料を使いまわす 、効率化のために標準化 、自社のソリューション売り 、プロジェクトの進捗重視

会社の仕事を作り直す方法(Chapter6-3)

3 ズレを“プロセス”から直す 今までの作業で、3つのズレを見つけました。   ① 今やっているけど、やる必要のない仕事   ② やらなければならないのに、やって...

会社の仕事を作り直す方法(Chapter6-2)

2 あるべき仕事と今やっている仕事を比較する 仕事と“本質”のズレを見るために、ファンクションを展開してできあがったあるべき仕事と、今やっている仕事を比較します...

会社の仕事を作り直す方法(Chapter6-1)

1 あるべき仕事を洗い出す 本来あるべき仕事は、「ビジョン(方針)」や「ミッション(使命や役割)」から展開します。 まず確認しなければならないのは、あなたの会社...

会社の仕事を作り直す方法(Chapter6)

■ ズレを直して「仕事の質」を上げる Chapter5では、仕事を「ファンクション」「重み」「プロセス」の視点で捉えると、仕事と“本質”が一致している状態、つまり、「仕...

会社の仕事を作り直す方法(Chapter5-4)

4 仕事と“本質”が一致するとは これまでに説明してきたファンクション、重み、プロセスは、全て「ビジョン(経営方針や事業方針)」や「ミッション(部門の使命や役割...

会社の仕事を作り直す方法(Chapter5-3)

3 プロセス − 仕事にはつながりがある 最後の視点は、プロセスです。 “ファンクション”で展開して出てきた「仕事」は、それぞれがバラバラに存在したり、別々に実...