会社の仕事を作り直す方法(Chapter3-4)

4 典型的な日本の企業はどうなっているのか

欧米諸国や中国で躍進をしている企業がありますが、「仕事の質」という面で、日本の企業との違いは何なのでしょうか。
少々、概念的な話になってしまいますが、その違いを、仕事の矢印で表現することができます。

躍進している企業を表現してみましょう。躍進している企業は、強いリーダーシップの元にビジョンやミッションを明確に打ち出しています。デジタルテクノロジーによりビジネスのスピードが高まる中、ものごとを早く実現することが求められます。ですから、ビジョンやミッションが打ち出されれば、やり方をきちんと固める前に、社員全員がそちらの方向に向かって行動し始めます。

やり方はイマイチだから、仕事の矢印の長さは短い。でも、仕事の矢印の向きは、ほとんどがビジョンやミッションに向いている。だから、「仕事の質」の総力は、かなり良くなるはずです。

一方で、典型的な日本企業はどうでしょうか。

躍進している企業と同様に、ビジョン(経営方針や事業方針)は打ち出されています。しかし、それが仕事に反映されているか、社員がそのビジョンに基づいて仕事を行い、行動しているか、というと、ちょっと疑問です。しかし、やり方についてはじっくりと考えて、実行していくのが日本の企業です。

ですから、仕事の矢印の向きは、ビジョンやミッションからずれている。もしかしたら、かなりズレているかもしれません。しかし、やり方は抜群ですから、仕事の矢印は長い。しかし、結局、「仕事の質」という面で見ると、総力を結集しても、あまり良くならない。

時代背景もあって、どちらが良いというものでもありませんし、ビジョンそのものの打ち出し方の強い弱いもありますが、日本企業には、強いリーダーシップとともに、「仕事の質」を上げる取り組みも必要なのではないかと、この図を描きながら思います。

つづく


このブログは、弊社発行の小冊子『社員力を100%活かすための 会社の仕事を作り直す方法』を再構成しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!やる気をいただきました。
5

小久保重信

業務コンサルタント 【私は】 ・問題発生の構造を解明 、顧客ごとの提案資料 、企業の良さと標準化を両立 、やり方は無限 、プロジェクトの結果重視 【一般は】 ・問題指摘、犯人捜し 、提案資料を使いまわす 、効率化のために標準化 、自社のソリューション売り 、プロジェクトの進捗重視

会社の仕事を作り直す方法

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。