ビジネスモデルキャンバスで考えるSpotifyのビジネスモデルとは

太古の昔から現代まで、永きにわたって人々は音楽を愛し続けてきました。機器や機能の高度化に伴って、レコードが生まれ、CDやMDができたと思ったらAppleがiPodを発売するなど、メディアのカタチは流動的に変わっています。今ではほとんどの方が、スマートフォンやMP3プレーヤー、PCなどを通して音楽を楽しんでいるでしょう。

そんななか誕生したのが無料で音楽やビデオなどを視聴できるサービスの「Spotify」です。数々のサービスやアプリケーションなどがひしめくなか、1億4000万人以上のアクティブユーザー数を誇っています。

今回はどうしてSpotifyがここまでのユーザー数を獲得できたのか、そしてどこで収益化できているのかなどをご紹介。ビジネスモデルキャンバスの9つの項目を用いて解説します。

↓ 全文を読む ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございまビズ♪
24

ビジネスモデル例

4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。