成功を目指す前になんとかしておきたいこと

「こんなはずではない」という状態を脱することを、成功を目指すということだとすると、最初にやることは現状認識になります。

安い給料で長時間働いている状態にいるとしたら、なぜ、この状態になっているのかということを考えることが大切です。

ブラック企業で仕事をしていることが不満であるなら、ホワイト企業に転職するか、独立すればいいだけです。

それができないのは、あなたがビビリだからだという話をしました。

自分についてきちんと考えるということ


ビビリには2種類あります。

1:ビビっていないように見せる人
2:周囲からビビっている様子がわかる人

タチが悪いのは、ビビっていないように見せる人で、いつの間にか自分でも強気の人間だと錯覚してしまいます。

ビビリについてわかりやすく説明ができる話があります。

塀の上に2匹の猫がいました。塀の中に生活に希望はありません。食べていくことに精一杯で、2匹とも、このまま人生(猫生?)を終えたくないと思っています。塀の向こうには、チャンスの世界が広がっていると聞きます。しかし、2匹ともその世界を見たことがありません。塀を飛び越えて外の世界に行った先輩は、大成功をしている人もいれば、路頭を彷徨っている人もいると聞きます。

1匹の猫は、「俺は塀の向こうに行くよ。今はその準備をしているんだ。」
1匹の猫は「リスクがあるから慎重になった方がいいよ。」

と話します。準備をしている猫は、「お前はビビリだな。俺は勇気を出して塀の向こうに行くよ。」と言います。もう1匹の猫は、「どんな準備をしているの?」を質問します。「本を読んで、自己啓発のセミナーに行って、意識の高い仲間と学んでいるんだ」と自称勇気のある猫は言いました。

ここまでの話を聞くと、2匹の猫には、意識の違いがあるようです。しかし、現状を認識すると、どっちも塀の向こうに行っていないことがわかります。立っている場所は同じなのです。

なぜ、不満があっても同じ場所に留まっているのかという理由は、もうお分かりかと思いますが、あなたがビビリだからです(くどくてすみません)。

でも、ビビリであることは問題ではありません。不安がない人の方が危険なことをやってしまいます。

問題なのは、ビビリな自分が行動をするためにどうすればいいのかを考えているか考えていないかということです。

人生というのは、考え方と習慣で違ってきます。

あなたが、自分はブサイクで、頭が悪く、学歴もなく、コネもなく、実績もないとします。しかし、ブサイクで、頭が悪く(と自分で言っている)、学歴もなく、コネもなく実績がない人が成功している例はあります。

つまり、成功を目指す上で、最初にやることは現状認識をして、あきらめるのか、なんとかする方法を考えるのかを決めるということです。

つまり、ビビリが成功する方法を考え、そのための行動を習慣化することが成功への第一歩となるのです。

あなたが見ている世界が世界のすべてではありません。世界とはあなたが受け取る情報によって、あなたの頭の中で作られている思考にすぎません。

「人の不幸は蜜の味」と言うように、人は不幸なニュースに高い関心を持つようです。だから、ニュースはほとんどが不幸な内容を扱います。ニュースを見て「厳しい世の中」になったとあなたが思ったとしても、「とてもいい世の中になった」と感じている人はたくさんいるということです。

テレビとスマホを見ている時間を減らし、自分について考える時間を増やせば習慣が変わるということです。


あなたが成功を目指したいのなら、成功を目指す前になんとかしておきたいことは、自分が思っているよりも世界は素晴らしくできているかもしれないということを意識するということです。

自分の現状を認識し、世界への現状認識を変えましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

別所謙一郎

株式会社 経営戦略パートナーズ代表。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。