かなむらさん、ちょっと質問したいことが:詰め合わせ

質問はプライベッターを利用して受け付けています。

温かくなってきたので無料質問箱を再開しました。答えたり答えなかったりします。Twitterに書いていたらどこにやったかさっぱりわからなくなってかなしくなったので(あとでTwitterに書いたのもこっちに収録しますね……)はじめからこっちに書きます。


>最近かなむらさんが読んだ、小説や商業誌について教えてください。

 絵の勉強をしているので、もっぱら教本ばかり読んでいますが、小説は飛浩隆『自生の夢』をゆっくり読んでいます。積読から慌てて引っ張り出してきたのですが最高に面白いですね。読み終わったらなんらかの感想を書きたい。あとチャンドラーの再読をぼちぼちやっていました。

 商業誌は今はファッション雑誌しか読んでないです。


>バイトは楽しいですか?
(決まった定収入があるというのは、安心ではないかと思いました)
今働かれている職場が、かなむらさんに合っていればいいなと思っています。

 業務内容は楽しく、早起き、化粧、出勤といった準備類が総じて苦痛です。


>自己肯定感が低いということですが、思い当たることはあったりされますか?(昔のように)スラスラかなむらさんのように書ければ、それだけですごいな−!って思ってしまうのですが。

 自己肯定感とは何か? ということを考えていかなくてはならないのではないかという気はしますが、「何かができるから自己肯定できている」ということではないのではないかという気がちょっとしています。もちろん「自己肯定力を高める」ためには「自分はこれもできているし、あれもできているので、立派である」という認識をする必要があるとは思うんですが、自己肯定感って「自分は何ができているからえらい」ということではなくて「自分は生きていて、生きていることは前提的に肯定し得る」という感覚が持てるかどうかじゃないかと。

 わたしの自己肯定感に関してはこのあいだのエントリに書いた通りで、これ以上説明することは今のところありません。わたしの人生にはトライ&エラーのエラー部分が本当にめちゃくちゃ多く、めちゃくちゃ多いので結果的にどこにも頭をぶつけない方法論を確立しやすいので最終的に手が早くなるということではないかと思います。


>今されていることは膿だしでしょうか?

 ニュアンスがうまくつかめないのですが(「今していること」が何にあたるのかもよくわからない)、「癒し」「浄化」系の文脈でしたらまあそういうことになるのかもしれないし、「生きるということは皆そう」みたいな気もする。


>フリーランスで何か仕事を始めようとしたら、必要な手続きとか、知識とか、いろいろあると思うのですが、ゼミなどでそういったことを聞くことは可能でしょうか。具体的な方法だったり、参考になる本だったり……。

 開業するとき何をしたか何も覚えていないので(本当に何も覚えていないんです)全くお役に立てないと思います。Google先生のお導きによりなんとかなりました。わたしは本当に場当たり的にフリーランスをやっています。

 あとはフリーランスの先輩に相談に乗ってもらったくらいかな。「時給千円を割らないように価格設定を考えるのがベターではないか」というアドバイスをいただきました。それ以外にもいただいたはずですが特に覚えていません。

 確定申告の季節になると確定申告をするのでレシートを取っておくということしかもう覚えていません。

 いい加減もう少しお仕事関係の本などをきちんと読んでひとりで働くということについてものを考えたい……。

この続きをみるには

この続き:0文字

かなむらさん、ちょっと質問したいことが:詰め合わせ

哉村哉子

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

哉村哉子

ドーナツ革命党日報

お受けした人生相談および哉村の日々のことをまとめたマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。