BEAUTIFUL Lady & Mansion 【HARUMI FLAG】編

きれいなマンションと、
きれいな女の子が好き。

誰も異論は無いはず。

きれいな女の子とキャッキャウフフしながらマンションを見学したい!彼氏目線の妄想をしたい!

そこで、みんなの夢を叶えるメディア「BEAUTIFUL Lady & Mansion」略して【B.L.M.】はじめます。主におじさん向けです。よろしくお願いします。


・・・とブチ上げて、実行日までは決まっているものの、具体的な女の子は決まらないわ、動画の撮影の段取りも白紙だわと、どーにも重い腰が上がらずにビール飲みながらテレビを見ていました。
テレビでたまたまかかっていたのは、日テレのボンビーガール(2019年5月14日放送回)。吉祥寺で家を探す上京女子コーナーで流れてきた一人の女の子の物語が流れてきました。

どこにでもいそうだけど、ちょっとかわいい女の子。
でも、いつの間にか身を乗り出してみてた。

20歳、熊本から上京。
吉祥寺に2万円代の部屋があると思って本当に不動産屋訪ねてしまう子。
東京の家賃の現実を思い知らされ、妥協する過程が容赦なく映される。

これだ。

これなんだ。

東京に一切汚されていない。

吉祥寺に2万円のアパートがあると思いこんで上京キメてくるピュアな目で、都心のマンションを見てもらい、その生の感想を聞いてみたい。

一気に燃え上がった心は早い。編集部は早速彼女【坂井彩香さん】の事務所へ電話をかけてました。なんとスケジュール次第では、彼女の東京での初仕事となるとのこと。名誉のオファーを受けてもらえたので即、撮影隊を手配。
彼女を乗せて向かったのは、東京都中央区の最深部にいま選手村の建設が急ピッチで進んでいる現場でした。そう「HARUMI FLAG」です。

以下、創刊号なのに本人写真を一眼レフで撮影をし忘れるという大失態がありました。急遽取ってきた追撮と、没動画からのキャプチャ、編集部との会話でお楽しみください。

ーーーー

坂井(以下坂)「・・・(絶句)・・・これ全部マンションなんですか」

B.L.M.編集部(以下編)「そうだよ、この見渡す限り全部が晴海の選手村。そしてオリンピック後に人が住むことになってる。そこの空き地にはタワーマンションも建ちます。」

坂「車から見えるもの全部が建設中って景色、はじめて見ます」

編「僕もない」

坂「今日はあの建物の中に入れるんですか?」

編「ごめんよごめんよ、、、事前に言ったと思うけど、単なる勝手隊だから建物の中に入れないんだ。一番奥に旅客ターミナルがある。きれいな景色がきっとあるから、坂井さんとそこに行って感想を聞けたらと思って」

(晴海客船ターミナル)

坂「えっ!もしかしてあれがレインボーブリッジ?すごい!!」

坂「海!海!近い、広い!」

坂「東京でも、こんなところあるんですね。さっきまでビルばかりの景色だったから不思議。」

(ビルと海とレインボーブリッジと風に驚く坂井ちゃん)

(冒頭のビデオ撮影も兼ねているので、撮影用のすまし顔)

(下から見上げた横顔が本当に美人だなぁ・・・)

坂「日差しと風が強い・・・」

編「遮るものが無いから」

坂「すごいなぁ!こんなところに実際住む人っているんですね」

編「あ、そうだった。マンションを撮りに来たんだった(風に吹かれる坂井ちゃんに見とれて忘れてた)」

(販売中の全部屋億ション、PARK-A棟を見る)

「うん、かっこいい!」

坂「ここに住むってことは、毎日ベランダで朝ごはんを食べながら、あのレインボーブリッジを見れるってことですよね?素敵!」

坂「おしゃれなんだろうなぁ・・・ここに住む人って。」

編「どんな人が住むと思う?」

坂「わからない、東京のお金持ち?」

編「(笑)確かに。あのマンション、全部の部屋が1億円以上するんだよ。」

坂「えー!そんなするんですか?」

(全部屋億ションと聞いて振り返る)

(うん)

坂「すごい、住んでみたい!招待してくれる人いないかな」

編「そういえば、もう上京してきて、アパートの契約もしたんだよね」

坂「そうです、先週越してきました。家賃は5万5千円です。」

坂「でも、いつか、、、こういうところに住めるようになりたい!」

(東京に毒されてないなぁ)

晴海旅客ターミナルの裏側から、別の棟も見に行こうか。

(にゅっ)

編「なにやってるの?」

坂「いや、かわいいかなと思って。」

(かわいいです)

坂「あそこに見えるのはなんですか?」

編「豊洲市場だよ、テレビで見なかった?」

坂「あ!あれが豊洲市場なんですか!こっちはさらに、空が広い!」

編「そう、豊洲市場に向いた部屋は南向きだね」

坂「うわ〜、気持ちいいなぁ〜」

(ちょっと視線がずれているけど、ご愛嬌)

編「高いところから見てみる?」

坂「すごーーーーい、あれってもしかしてフジテレビですか?」

坂「ここから富士山も見えるんですね」

(めちゃ楽しそう)

坂「あっ、ボンビーガールのスタッフさんだ!ちょっと行ってきていいですか?こんにちは〜!」

(先日の上京ガールコーナーのフォロー撮影とのこと。しかし、ついこの間画面越しに見た物語の続編が今、目の前で起こってる。自分のオファーで事態が動いてる。なんかドラマ感じる。坂井ちゃんは慣れてる人相手だと一気に表情が和らぐなぁ。おじさんが隣だとダメなのか)

(まかない付きの場所選んでバイトはじめるらしい。近所の学生を破産させるくらいに人気出てほしい。)

ということで、「かっこいい」「景色すごい」「気持ちいい」の3単語に収斂されてしまうインタビューしか引き出せなかった初回。インタビュワー側のポンコツ度合いがすいません。人生モテ期が無かったので、かわいい女の子が目の前に来ると、途端にキョドってしまうんですよね。

さて次回は、坂井ちゃんを連れて実際にタワマンの中にはいっちゃいます。乞うご期待。


B.L.M.編集部より:
「このマンションを取り上げてほしい」「私で撮ってほしい(ギャラ出します)」「こんな妄想シチュエーションでの写真がほしい(マンションを含んで)」というリクエスト、喜んでお待ちしております。TwitterのDMか、メールアドレスまでご連絡ください。

編集部Twitterアカウント:@BLM_Editor
編集部メールアドレス:hudousanmedia@gmail.com

出演:坂井彩香さん
坂井彩香さんInstagram:sakai_sayaka101
坂井彩香さんTwitter:@sakai_sayaka101

坂井さんからのメッセージ:

#BLM

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがたいです。女の子に流れる仕組みになっています。

わたしもスキ♡
23

B.L.M.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。