【定期的な更新はブロガーの責任】 また見てもらう為に必要なこと

こんにちは。ドリップインターンの緑川です。

今回は、ブロガー永遠の悩み!?ともいえるブログの「更新頻度」に関するお話。

もちろん、最初は「定期的に更新するぞ!」と思っていますが、実はこれが難しいのです…

「更新頻度をあげよう!」というのは簡単ですが、今回は何のために定期的な更新が必要なのか、そしてどうすれば更新ペースを保てるのか?という部分に少し踏み込んでみます。

それでは今回もmonographDRESS CODE.のお二人から聞いたお話を、自分なりにまとめてみます。


--------------------------------------------------------

【目次】

1.質と量

2.記事数は、間口の広さ

3.また訪れてもらうブログになるために

4. 計画を立てる

5. 何よりも、自分が楽しいと思えるか

6.ブログの“あるある”お悩み相談コーナー

7.緑川のひとりごと

--------------------------------------------------------


1.質と量

ブログを始めたてのころにありがちなのが『デザインや写真にこだわり過ぎて、記事をアップできません!』というお悩み。つまり質の部分ですね。

ただ「質」は相対的なもので、人によって変化するもの。私が良いと思うものが、あなたにとってはそうでもない、なんて事は日常茶飯事。でも「量」は絶対的で、1記事書けば絶対に+1になりますよね。

ブログを始めたての頃は、検索流入も少なく、SNSでの拡散力も乏しく、残念ながらあなたの記事が日の目を見ることは、ほとんどありません…(もちろん、既にあなたが有名であれば別ですが)

なので「質」の部分は、多少荒削りでも大丈夫。まずは更新して「量」を積み重ねていきましょう。

続けていれば、必ずどこかのタイミングでグッとPV数が上がる瞬間がやって来ます。なので、その時までに“種をまいておく”そんな意識で書いていくのが良いかもしれませんね。

最初から完璧なブログなんてありません。デザインも写真も記事を書くごとに少しずつ洗練されていくもの。

野球に例えるなら、素振りをせずにホームランが打てるでしょうか?

何千何万の素振りの結晶が試合でホームランとなって現れるのです。

まずは、とにかく書いて書いて「ブログを書く」をあなたの生活に馴染ませる。ブログを大きくするコツについて、お二人は口を揃えてこう言っていました。


2.記事数は、間口の広さ

突然ですが、月間10万PVを達成したい!と思ったとき、どうしたら達成できるでしょうか?

ブログが1記事しかない場合、当然ながら10万PV / 1記事となります。

どうでしょう?これって、かなり難しいですよね。

では、100記事だとどうでしょうか?

10万PV / 100記事、つまり1記事あたり1000PVになります。

これなら、なんだか達成できそうな気がしませんか?

100とは言わず、200、300と記事数が増えていくと、より達成の可能性が高まっていきます!

ちなみに現在、月間数十万PVを誇る monograph は約1500記事、DRESS CODE. は約950記事がアップされています。

地道な積み重ねが資産となって、PV数と影響力を生み出してくれることがよく分かります。


 3.また訪れてもらうブログになるために

お二人は昨年、ブログ運営をしていく上で「読者はどんなことを考えてブログを読んでくれているのか」をリサーチしたそう。

そこで浮かび上がってきたのが、「いつ、ブログを見に来るのか」

記事を読んで面白い!と感じても、最終更新が1年前だったら「また見に来よう!」とはならないですよね。

2週間前だったらまた2週間後に。今日更新されてたら、また明日も。

読者はそんなふうに更新頻度をみて、また(いつ)見に来るか、ブックマークに登録するかを判断しているのです。

つまり、更新頻度が高いほど、また見に来てくれる可能性が高いと言えますよね。2週間後見に来ようと思っても、正直そのうちに忘れてしまう人が大半でしょう。

1週間に1度、あなたのブログを思い出してもらえるように最低でも週1回、いや2回以上…継続的な更新、共に頑張りましょう!


4.計画を立てる

「鉄は熱いうちに打て」という言葉もあるので、思いついたネタを今日更新しよ!というスタンスは決して悪くはないのですが、それだけだと頻度が安定しない可能性大。

ざっくりとした計画でも構わないので、毎週◯曜日に更新、◯日には〜の記事を書く!と、予め数週間単位でスケジュールを立てておきましょう。

もちろん、途中で変わっても良いですし、何よりもタスクを定めておくことで、生活の中からブログを書く時間を生み出すことができるようになります。


5.何よりも、自分が楽しいと思えるか

ここまでをまとめると、『更新ペースが早い方が記事の数も増えてPVも増えていきやすく、ファンも付きやすい』ということなんですが、とにかく記事をひたすら書くことだけが正解というわけではありません。

やっぱり大切なのは、あなた自身が書いていて楽しいかどうか

ただただ「更新することが目的」になってしまっては、書いている側も読んでいる側も楽しいはずありません。

書いていて楽しい、面白いと思えると、おのずと「今日もブログ書きたい!」そんな気持ちになれるはず。

だからこそ、以前書いたようにやりたいことを軸にした「ブログコンセプト」が重要なんですよね。

関連記事:【ブログコンセプトを明確に】 本当に伝えたいことって、何だろう? | ブロガーズハンドブック


6.ブログの“あるある”お悩み相談コーナー

ブロガーなら思わず「あるある」と頷いてしまうようなお悩みにmonographDRESS CODE.の2人が答えるこのコーナー。

第2回目の今回は、どんなブロガーもおそらく直面する課題であるこちら!

(面白い)書くネタが思い浮かびません…どうしたらよいでしょうか?

最初は「ネタなんていっぱいあるぜ!」と思っていてもストックが尽ると、尻すぼみ…そんな方も多いのではないでしょうか?

こちらの改善策としては、

・インプットを増やす 

ー 雑誌やWEBメディアの情報をこまめにチェックし、気になったことをとにかくメモ
ー 他のブログを読んで、参考にしてみる

・1記事を複数本に展開してみる (切り口を変える)

ー「バッグを買いました」という1記事を「私がバッグをほしい理由」「バッグを買いました」 「バッグを使ったスタイル紹介」の3記事にするなど、切り口を変える工夫

・シリーズ(続きもの)をつくる

ー 毎週、毎月など決まった間隔で書く記事があると、更新ペースも保ちやすくなるし、余裕を持てる

ちなみに、こんな時お二人なら

堀口さん:インプットを日常的に取り入れる。玉石混交とにかく全部読む! 
平岡さん: 頭に浮かんだ記事ネタは忘れないうちにすぐにメモ! 何がくだらないか、面白いかは読者が決める。まずは書いてみます。

とのこと。インプット➞メモ、大切です。

なにげない日常にもきっとヒントは沢山あるはず。通勤・通学の時間は意外とチャンスかもしれませんね!


7.緑川のひとりごと

定期的な記事更新はブロガーにとって最も大切なことであり、同時に難しいことですよね。かくいう僕もブログを立ち上げたものの、満足に更新できていないので頑張ります...!


dripについて

dripは「好きを価値に変える。」をコンセプトに各分野に通じたブロガー、そしてユーザーでもある“バリスタ”が、モノ(製品)やコト(サービス)の魅力を丁寧に届けるPRプラットフォームです。

お問合わせはこちらから:https://drip.co.jp/


今回もお読みいただきありがとうございます!よかったらシェアお願いします!

ー Written by 緑川航平(@k_mdrkw


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは全てブロガーズハンドブックの運営資金(主にファミチキと中華)として使わせていただきます。どうか、ご支援のほどお願いいたします…!

また読んでいただけると嬉しいです…!
15

【責任感】

信頼されるブロガーになるためには「責任感」が重要。ブログの更新頻度などは、信頼度を積み重ねていくための重要な要素といえます。また。SNSは強力なツールになりますが、発言には十分に注意を。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。