見出し画像

『くすみ』とさよならする日記〜UV対策編②〜

久しぶりになりましたが、UV対策編②ということで塗る日焼け止めについて綴ります。
※注意※当たり前のことばかり書いてます。

まず王道UVA、UVBについて。

UVA→肌の奥(真皮)まで届く。シミ、シワの原因。
UVB→サンバーンを起こす。肌表面への影響大。

くすみとさよならするにはどっちも対策必須です。
UVAで真皮が老化するとくすんで見えるし、UVBで表面がダメージ受けてもくすんで見える。

そして日焼け止めでいう

SPFはUVB、PAはUVAへの対策レベルとなっています。

SPFもPAも気にしながら日焼け止めを選ぶ必要がありますが、更にここに紫外線防止成分の吸収剤と散乱剤どっちがいい問題が登場します。

ということで、それぞれについてまとめました。

まずは紫外線吸収剤。

こんな感じです。よく紫外線吸収剤は悪みたいな書き方するサイトもありますが、技術は進歩しています。刺激が少ないものも多くなっています。

次に紫外線散乱剤。

刺激が少ない分デメリットも多めです。活性酸素の発生についてはナノ化した成分をカプセルにのようなものでコーティングして、活性酸素の発生抑えるようです。(間違ってたらすみません)

このコーティングは紫外線吸収剤にもいえて、コーティングすることで刺激を減らしてるらしい。

つまり、コーティングが重要です。コーティングに使われるものの代表は「シリコン(ジメチコン)」です。

シリコンは洗顔では落ちにくく、クレンジング必須。

こうなってくると、クレンジングは刺激があるとか、シリコンは肌に悪いとかいろんな意見が出てきて、日焼け止めって選ぶの面倒としか思えなくなります。

日焼け止めは結局、使う人次第としか言えないですよね…これが絶対って本当にないと思います。

じゃあ、私が選ぶときのポイントなんですが

①顔も体も使えるもの
②アルコールの匂いがしないもの
③白浮きしないもの
④比較的お肌に優しそうなもの
⑤ベタつかないし、塗ってる感もないもの
⑥SPF30、PA+++くらいのもの

こんな感じで。⑥についてはときと場合にもよると思いますが、個人的に②と⑤がやっぱり大事です。アルコールの匂いがするのはやっぱりちょっと塗りたくないし、the日焼け止めみたいな皮膜感も苦手です。

何を使ってるんですかと言われると、模索中ですとしか言えまでんが、いろんな物を使って自分似合ったものを見つけるしかないと思います。

日焼け止めは超重要なのに超選ぶの難しい

頑張って自分が納得できる日焼け止め見つけ、よりいっそうくすみとさよならできるように努めたいです。

ということで次回は化粧下地編です👋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

八朔

美女とイメコンに夢中なオタクOL
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。