見出し画像

U30 最適デザインキャリア戦略

ヤングなデザイナーのみなさんを対象に「U30 最適デザインキャリア戦略」についてトークをしました。(最速でも最短でもない)

トークは大きく2部構成40分。前半15分をスタディ、後半25分をワーク。スタディではキャリアに関する4つのヒント、ワークではポートフォリオで大事な10の質問についてシェアしました。

自己紹介。ヤングから見ると色々やってるように、あるいは計画的にみえるかもしれないが、いつも目の前のことに精一杯だったこと。その中で興味や関心のあることに飛びついてきたこと、できること少しずつ増やしながらあっちいったりこっちいったりしてましたよと。

スタディ〜キャリアに関する4つのヒント

計画的偶発性理論、スタンフォード大の研究で、いわゆる成功者にインタビュしたところ、成功者の8割は、実は偶然のチャンスをものにしていたよ、というような研究。その8割の人には共通した行動特性、好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心があった。今見えているものの中からむりくり将来をみすえる位なら、何か小さな偶然をチャンスだと感じ取れるような感性を磨くとか、そういうことに力を注ごうよ…的な解釈をシェア。

Abstract、感じて!

3つの軸をつくって三角形をつくる話、超ざっくり言うと、異なる3つのスキル軸を作ってクレジットの三角形を作ると、三角形が大きくなるほど、良い仕事がやりやすくなるし、チャンスが飛び込んで来やすくなるよ…的な。3つの軸を意識するというのは、フレームワークとしてわかりやすいんじゃないかなあと。そして今のヤングなら、3つ同時とか、五角形やっちゃいなよ!みたいな。

デザインがなんらかの価値を持っている状態を成功ととらえると、わかりやすいかなあと。

シェアした意図。

おまけ。デザイナーにとってまずもって大切なのは姿勢だということ。


ワーク〜ポートフォリオで大事な10の質問

個人回答→ テーブルでシェア
急に盛り上がる。シェアの時間もっと!となる。

こちらもシェアの時間延長。活気づく。ワーク最強!ワークすごい!

個別にみなさんがどんなことを考えているのか聞かせてもらいましたが、どの方も素晴らしい考えを持っているし、自分のこともよく見えている。自分の考えをシェアすることにも貪欲。
対する僕ら(先輩)は、この声に普段から耳を傾けることをちゃんと出来ているだろうか?と思わずにはいられない勉強になるワークでした。

ワークして自分の中から溢れてきた大事な言葉を、体現するデザインが自分のポートフォリオにあるかどうか定期的に確認しよう。もしないのなら、それを手に入れるために、ミクシィの仕事でチャレンジ出来るものがないか、日々の仕事と紐付けることを考えよう。わからなかったらMrgに相談しよう。ポートフォリオは現在地を客観的にみれるツールとも言えるよと。

個人と組織の成長のベクトルは、デザインという仕事は割と合わせやすい仕事だと僕は考えてるのでいつでも相談してね。みなさんが成長し、どこでもいけるような力量を持ち、だけどミクシィが好きって状態が好ましいかなあと僕は思っています。信じる道を進んで下さい…
という感じでトーク終了。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あざます!
49

横山 義之(bluerasheen) / ミクシィ

社会をより良くすることにデザインで貢献したいと思っています。サイエンス/テクノロジー/エンジニアリング/アート/教育など見たもの、考えたことについて書こうかなあと。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。