見出し画像

『人生フルーツ』と葉っぱのフレディと雑木林

ほとんど前情報なしに、ある人の勧めで観に行った映画上映会。樹木希林さんがナレーションする、老夫婦の物語だと耳にしていた『人生フルーツ』です。

東海テレビのドキュメンタリーシリーズの一本とのことで、それもあってか、地元愛知県をフィーチャーしています。

佐々木芽生監督がアートコレクションの収集を続けた夫婦を追った『ハーブ&ドロシー』(日本公開2008)をうっすら連想しながら、観ました。

『人生フルーツ』は、愛知県在住の建築家、 津端修一さんと、妻の英子さんが主人公。高度成長期に集合団地の開発を手がけるなかで、身近に緑のある暮らしのデザインは却下されました。そこで時代に逆行するかのように、土地付きの一軒家で、自らが理想とする暮らしを実践する様子が淡々と綴られます。風の通り道に雑木林があり、自然に涼しくなる。畑で取れたものを食卓でいただく。今で言う「スローライフ」ですが、考えてみれば高度成長期以前は日本も、電子レンジもコンビニもペットボトルもない暮らしでした。

続きはこちらでお読みいただけます。訪問ありがとうございます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Terima kasih ありがとうございます!
2

Blue Three

ブログ「BlueThree|ブルースリー」 https://bluethree.net Junko、1973年静岡生まれ。映画評論、アメリカ留学、異文化交流、メディアなどの体験から、日々感じていることをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。