BNN

歌は世につれ世は歌につれ。 ここはBNN編集部のnoteです。

アイデアが閃くとき/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

お待たせしました! 『遊び心のあるデザイン』最後の記事です。
  「ウィット」とは何か?について知りたい方はこちら
  記憶に残るデザイン事例について知りたい方はこちら

"映画史

もっとみる

試し読み:『スペキュラティヴ・デザイン』 日本語版序文

2015年11月に刊行した書籍『スペキュラティヴ・デザイン』をご紹介します。着々と売れ続け、このたび重版4刷の運びとなりました。

本書の冒頭に示されているのは、著者のダン&レイビーによる以下の表です。ご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

何かひとこと言いたくなる、まさに議論を呼び起こす構図となっていますが、続くテキスト「はじめに」の冒頭において、ダン&レイビーは以下のように語り

もっとみる

会社でグループコーチングを受けてみた。

BNNで、THE GUILDのこばかなさんのグループコーチングを受けました。感想はめちゃくちゃ楽し恥ずかし「やることやってなくてすみません」という一言に尽きるのですが、素晴らしい場だったので曝け出したいと思います。

参加したメンバーは、編集部からわたくし石井、村田、岩井、営業部からはAさん、Mさん。計5名のおおよそ古株面子です。

テーマは「後回しになっている会社のブランディング」。ブランディン

もっとみる

試し読み  “クソ野郎にならずによい仕事をする方法”

4月12日に刊行する書籍『クリエイティブな仕事をしている君へ。今日からはじめるワーク・シフト:クソ野郎にならずによい仕事をする方法』を紹介します。

ひどいサブタイトルですが、原書のタイトルです。『How to Do Great Work Without Being an Asshole(クソ野郎にならずによい仕事をする方法)』。著者はPaul Woods(ポール・ウッズ)。かのErik Spie

もっとみる

記憶に残るデザイン/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

デザインの良質なアイデアソースを求めている方へ。
前回に引き続き、2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

前回の記事では、「ウィットとはそもそも何か?」を解き明かしました。たくさんの情報が飛び交う現代社会で、好奇心をそ

もっとみる

デザイナーへ贈る「ウィット」な思考/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

そもそも「ウィット」って何? なんとなくは分かるけど……という方へ。
2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン  ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

この本は1996年に刊行された同名の書籍『A Smile in the Mind』に、新たな事例と編集を加え

もっとみる