見出し画像

障害者はかわいそう?

※必読

このnoteは障害者の声ではなく、友人にいち身体障害者のいるいち健常者の声であり、このnoteが障害者の全てではないことを理解して読んでください。
それとこのnoteはabemaTVのabemaprime(アベプラ)を観て思ったことを書いています。
放送URL→障害者をネタに笑ってはいけないのか?自虐ネタの境界線とは

「障害者はかわいそう」

あそどっぐさんの「かわいそうと思わるのが一番商売上がったり」を聞いて、自分は身体障害がある友人をかわいそうと思ったこととがなく、むしろ羨ましいと思うことが多かったなぁと。
子供の頃の話でゲームを多く持ってる、男兄弟がいる、握力が強いとか。

障害関係なくかわいそうと思うことはなかった。別に障害でかわいそうと思ったこともないけど。

「障害者はかわいそう」という人は障害者の障害という部分だけしかみてないからそう思うのだろう。普段の生活で障害者が身近にいないから知らないのか、単に知ろうとしないだけかはどうでもいいが、知ったかぶりで人をかわいそうと言えるような奴のほうがよっぽどかわいそうだ。

24時間テレビへの批判は違う

障害を語る上で必ず出るのが24時間テレビ。障害のある人が何かに挑戦したりドラマをしたりで障害を見世物にしているという批判が多い。だが24時間テレビを否定することは障害者を否定していることと変わりない。
障害で見世物をしても障害者にとっては一部でしかないからだ。

24時間テレビの批判なんて結局障害を見たくない知りたくないという
健常者の健常者による健常者のため障害否定でしかない

批判は番組ではなく局というのが僕の考えだ。24時間テレビが障害を扱うからどうこうではなく、日テレが障害を扱う番組を年に1度しかしないからで、バリバラみたいな番組を日テレでしてバランスを取るべき。

一番は障害関係なく障害者が普通にテレビに出てるのがいいんだけど。それでいうと今回アベプラの金曜MCに乙武さんが就任したことはとても意義のあることだと思った。


最後まで読んでいただきありがとうございます。本当は必読の部分は書きたくなかったのですが一応書いておきました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Board

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。