見出し画像

流動

大それたことではなく、日々の中で他のことと同じように「描く」ことをする。洗い物をしたり、風呂に入ったり、車を運転したり、働いたりする流れの中で自然に「描く」ことがある。効率を考え、目新しいものを作ろうとするのではなく、目の前にあるものに集中する。難しいことはなく、何かのためにやるのでもない。ドローイングや落書きというものは「遊び」や手の運動のようなもの。少しの空き時間に紙とペンさえあれば出来るのが良い。決まった方法や形などない。心の遊びであり、心ゆくまで追求できるのが楽しい。

大切なことは自分の中でよどみ動かなくなったものを、サラサラと流れるようにしてやること。ガチガチになっていたものを柔らかくほぐしてやること。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
8

三科琢美 Takumi Mishina

心の中に生じる世界を、紙の上にペンや鉛筆を使って描いています。 つくることによって生まれたことばをありのままに記録していこうと思っています。 http://mishintakuan.tk
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。