見出し画像

大切な人を亡くされた方への対応④

これまでの続きです。

①悲しみに同情するタイプの対応
②大変なんだから、お世話させてという対応
③かわいそうな人としての対応
④知ってはいるけど、ほぼ普段通り
⑤知らない

このような対応の中でも④が神対応で、⑤の環境をもとめて心を整えていったお話までご紹介してきました。

⑤知らない
つまり、私のバックグラウンドとして母が他界している事を知らない人達と一緒にいる方が、自分のペースでじっくり自分の感情に向き合って行くことができたのです。

そんな私が、あれから約20年ほど経過したころに地元に戻って住み始めることになりました。そこでとても驚きの対応をされる方々が…今回はそんな驚きの対応についてお話したいと思います。

驚きの対応をしてきた方々は、地元に住んでいるご年配の女性達。

私が地元に越してきたと知って、声をかけて来て下さいます。そして、みな同じことをおっしゃいます。

『あなたのお母さんは早くに亡くなったものね』

もうこの台詞を一体何人から聞いたことでしょう。どうして、この話題にならなくてはいけないのでしょう。とても不思議でした。

母が亡くなってから20年ほど経過してから言われた事ですから、特別に悲しくなったり不安定になったりすることはありませんでしたが、ただ、言われて気持ちの良いものではありません。

少し考えてから、言わない選択肢を選んでいただけると助かるのにな。と毎回思います。

とは言え、そういったお互いの感覚は分かり合うことは難しいでしょう。何しろ相手にとっては、たいした意味など無いのですから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(^o^)うれしいです
11

ボンボン

レトロでノスタルジックな世界観を好み、猫のいる生活がたまらなく心地好い、2児の母です。毎日のストレスをできるだけ減らせる考え方や感じ方をいつも模索しています。

大切な人を亡くされた方への対応

大切な人を亡くされた方と過ごすときの対応には、相手が厄介だと感じたり、苦痛を感じる対応がたくさんあります。間違った対応で相手を攻撃しないための方法をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。