編集者いとう

小説やエッセイの編集者をしています。100万部売れるか、100年後にも読まれているような作品を世に出したいです。

編集者って、必要ですか?(小説編集者の「先生には言えない話」⑥)

ここ10年くらい悩んでいる。

編集者って、出版社って本当に必要なのだろうか?

出版社に限らず、テレビ・音楽・映画など、
作品を世に出す業界(以下メディアと呼びます)は、ずーっと勘違いしてきたのだと思う。

自分たちは、才能があるクリエイターを「発掘」し「育て」、「プロデュース」する力があると。
だから作品から得られる収益をもらうことができると。
そんな風に、ちょっと偉そうにしていたところがある

もっとみる

校閲ボーイ?(小説編集者の「先生には言えない話」⑤)

校正・校閲という言葉をご存じだろうか。

石原さとみさんが主演したドラマ『校閲ガール』でその存在を知った方も多いかもしれない。

校正・校閲は先生が書いた原稿の内容や表記の間違いをチェックすることである。

細かく言うと校正は表記の間違いや誤字をチェックする、校閲は内容の間違いをチェックする、という違いがあるものの、私の編集部ではどちらも「校正」と呼んでいる。

さて、実は編集者もこの校正を行う。

もっとみる

名作を生み出すエネルギー(小説編集者の「先生には言えない話」④)

好きな仕事の1つにサイン会がある。
読者の方の顔を見ることができるから。
「ありがとうございました」とお礼を伝えることもできる。

先生も楽しみにしている。
感想は手紙やネットで目にすることはできるものの、
直接感想を聞けるのはレアだからだ。

編集者のサイン会での仕事は、あまり難しいものではない。
先生がサインしやすいように本を開いたり、
落款(ハンコ)を押したり、写真撮影をしたりする。
手は動

もっとみる

本の顔をつくる(小説編集者の「先生には言えない話」③)

編集者にとって、書店は戦場だ。

数多くの本の中から、担当作を選んでもらわないといけない。
なにしろ大型書店になると1店舗の蔵書数は100万冊にも及ぶ。
だから第一印象となる表紙を作る仕事は重要なのである。

ちなみに、最近表紙買いした本はこちらです。

どれも素敵……!

本の顔となる表紙だが、デザイナー、イラストレーターまたは写真家を誰にお願いするかを考えるのは編集者だ。

そして作家と相談し

もっとみる

罪作りな文学賞(小説編集者の「先生には言えない話」②)

先日、直木賞のパーティに行ってきた。

直木賞は影響力の大きな賞。公的な賞のような印象もあるが、事実上文春という私企業が主催している賞である。だから候補作には必ず文春の作品が入っている。

2作入れてくる回も多い。なんだかズルいような気もするが、公的な賞ではないので、自由なのである。
もちろん選考委員の先生方は完全に中立なので、候補になってからは作品の勝負となる。

そして直木賞は罪作りな賞だ。

もっとみる

コラム街・執筆陣リンク集

「企画でメシを食っていく」4期生のコラムをまとめたマガジン「コラム街」。

そのマガジンのリンク集です。

ほまりん「広告目線な日本ステキ発見!」

ファビュラス・ヤマジ「福岡文化人類学」

せと せつこ 「日々の様々な疲れに様々なエスケープ場所in東中野」

ひよっこプランナー 「ひよっこプランナーの #勝手にブレスト

池上真実 「しんのすけとわたし」

まーしー 「はじめての〇〇!」

もっとみる