あさがおのたね

小学1年生の息子と夕食のときにその日にあった出来事などを話していると,いま学校でアサガオの種を植えて育てているんだという話題になった。


どんな花が咲くかね~などと話しているときに,

「何色の花が咲いてほしい?」と聞いてみた。

息子は花が咲くのを想像して,ニコニコしながらうれしそうに,こう答えた。



「虹色!!」



***********************


先日家の片づけをしているときに,

小学校のときの文集みたいなものがでてきた。

そこに書かれていたのは,「将来なりたいもの」という定番のお題。

小学生の自分が書いた文章を見てみると,


「ぼくはやきゅうのせんしゅになりたい」


と書かれてあった。

なんでそんなこと書いたのか謎だった。


野球なんて全然してなかったのに(笑)


でもそれが小学生なのである。


自由な発想で,根拠なんかなくても自信満々,なんでもできちゃう


と思っているのだ。


でも,いまはどうだろうか?


確かにできることは増えたけど,

いつからか自分や誰かに否定されて,


できることより,できないことばかりを見るようになってない?


思い出してほしい。

最初に立った日のことを。

つかまり立ちでフラフラしながら,何度もこけては,頭をぶつけたりして,号泣したはずだ。でも1回や2回失敗したぐらいで,


「あかん。何度やっても立てへんわ。頭ぶつけて痛いし。もう無理。一生ハイハイのままでええねん」


なんて,諦めなかったでしょ(笑)

実はそんなとこが人間の原点だったりするかも。



いまは大人になったけど,

「虹色!!」と答えれるように,


もう一度,心の羽を取り戻そうと思う☆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

好き☆今日もあなたを応援してます😄
37

たけーし☆

教員・ライター・ブロガー。 働き方や教育,お金,健康など生活や習慣をアップグレードする方法を発信しています。 相談や連絡はこちらにお願いします⇒1210takeshi@gmail.com

コメント4件

「スキ」ありがとうございます (^^) 「虹色」素敵な答えですね! 今後共よろしくお願い致します。
うちの娘が幼いとき
私と一緒に何度もアゲハの
幼虫をみつけて
飼育ケースで青虫になり
サナギになり
そして、サナギから出て
アゲハ蝶になって
空に放っていたことを
繰り返して楽しんでいて
その後に絵画コンクールで
入選した絵は…
虹色のアゲハ蝶でした!
ふと、虹色という言葉で思い出しました
(^∇^)
そんな娘も
今はもうすぐ成人です♡
日暮えむ さん
コメントありがとうございます☆こちらこそお願いしますね!

ミニー さん
虹色のアゲハ蝶素、素敵です♡子どもの発想ってほんとすごいですよね☆
「虹色の花を夢見る心」う失わず、というより年を重ねて夢をもとうと思えば、それに似た気持ちがないと無理ではないかと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。