本屋を旅する店の日々 2018.9.20-2018.9.22

2018.9.20 木曜
10時くらいまで寝てしまった。とはいえ二日酔いではないので良し。すぐ用意して下北沢の店に向かう。今日の夜は西荻窪の旅の本屋のまどでイベント登壇なので17時までの営業。

雨降りだったが七月堂古書部さんなどが来店。カフェ利用だけでなく本屋利用の方が少しずつ増えてきて嬉しい。木金は本が好き!作業の日でもあるのでそちらを進めるもすぐに夕方である。

西荻窪に行ってイベントである。今回はかなり集客に苦労したがなんだかんだと雨の中10枚以上のお客さんが来てくださったので嬉しい。大阪でも会った近々鎌倉に本屋を開く方も来てくださった。対談相手は松井祐輔さん。割と長い付き合いなので打ち合わせもそこそこにビール片手にスタートする。

『日本の小さな本屋さん』でまわった本屋とその間の旅について。僕一人だと難しいところを松井さんが上手く手綱を握ってくれて無事終了。本も結構売れたし良い会であった。この会がキッカケでひとりでもブックショップトラベルに出てくれたら、と願う限りである。

終了後は何か食べようかということで松井さんと雨の中阿佐ヶ谷に向かう。時間は22時半。夜中まで開いているという喫茶店gionのナポリタンを食べたかったそうだがまさかの満席で断念。仕方ないので飲屋街で見つけた適当な焼き豚屋で軽く食べる。モツしか入っていないモツ煮込みを初めて食べたのだけど大根やこんにゃくが入っている時よりもぷるんぷるん度が上がるのね。大根好きとしては残念だったけど割合楽しめた。時間も時間なので30分ちょいで解散して帰宅。

寝たのは1時過ぎかな。

2018.9.21 金
9時半起床。急に寒くなったので寝る時の体温調節が難しくあまり寝られていないよだるいだるい。

11時から小石川に新しくできた本屋Pebbles booksに取材である。とはいえ店主の久禮亮太さんとはフリーランス書店員として独立した時から何度も取材しているので、店のことを中心に話を聞いて40分くらいで終えたのだった。それにしても床貼るわスチール本棚切り出すわ既に書店員としての枠を大きくはみ出しはじめているよ久禮さん。「本棚の中身だけでなく店のガワから教えられますよ」とは本人の言。久禮書店工務店としての仕事が入ったら面白いな。そしたらまた取材しよう。

14時半から下北沢の店を開店。結構な雨だったのでカフェスペースにすらお客さんが少ない。そんな中、昨日のイベントに長野から来ていたお客さんが、帰る前にせっかくだからと寄ってくれた。めっちゃ嬉しい。4冊ほどご購入いただいた。

夕方にMさんがオーナーと一緒に来店してくれる。いろいろアドバイスを頂戴してどれも試してみようと思った。中で作業していると気付かない点も多いよなと反省もする。帰宅前にレジカウンターの位置を変えてみたけど、これでどうかな。

閉店直後に異常に眠くなったのはお腹が減ったせいかな。やけに疲れた。家ご飯は焼き魚。0時過ぎに寝た。

2018.9.22 土
9時起床。寒くて朝方に起きるものの二度寝してしまう。どうも寝起きが悪いよ最近。ここ何日か筋トレができていなかったのでシャワーを浴びてストレッチとスクワット100回腹筋ローラー10回をこなす。腹筋はもっと数こなそうかな。家で弁当、というか夕飯前のおやつのためにスープをつくる。コンソメスープの素に乾燥野菜をぶっこみお湯を入れるだけ。

11時半ごろに下北沢に着く。店に行く前に近所の無印良品でブックエンド5つとアルバムを購入。昨日のMさんのアドバイスを受けてのことなり。

12時にオープン。昨日の夜にレジの位置を変えたけど意外とやりやすいな。曇りだけど雨はそんなに降っていないし土曜だしでカフェの方にもお客さんが来てくださる。昼過ぎに女性のお客さんが1冊、年配の男性の方が2冊。子供連れの方が1名。さらに、めちゃ嬉しい知人が来てくれた。予告なしのサプライズ。最高か。滑淳が搬入してくれた。さらにもう2人知人が来店。嬉しい日である。

気づいたら閉店時間だったので片づけて帰る。帰宅後、遅い夕飯を食べて妻とウォーキングに出かけたらまさかの腹痛が襲う。しかも結構強烈である。どうにか家までたどり着いて事なきを得たが消耗が凄まじくそのまま寝てしまった。0時過ぎ就寝。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

BOOKSHOP LOVER

本屋を旅する店の日々

2018年8月19日から始めたお店「本屋を旅する BOOKSHOP TRAVELLER」の店の日々を中心に、本屋ライター和氣の取材など含めた日記。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。