絶対音感

絶対音感は「失われるもの」らしい。

すなわち、元々持っていたものが、機能しにくくなるということ。

日常生活の中では、言葉でのコミュニケーションが優先される。

その中で、絶対音感は、次第に輝きを失っていく。

脳の大脳皮質、聴覚中枢の神経細胞は、特定の周波数に選択的に反応する。

さらに、周波数の高低に従い整列している。

まるで、ピアノのように。

これは、養老孟司さんの著書「遺言。」の一節に、まとめてある。


最近の研究によれば、絶対音感は先天的、遺伝的要素が強いようだ。

しかし、遺伝の可能性が低いからといって、諦めるのは早計だ。

私は、人間の可能性の偉大さを信じている。

歌のメロディが、ドレミで聴こえた時は、たいへん嬉しいものだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、次世代を担う子どもたちと若者のサポートに充てていきます。

1

どいいちろう

ダンスと音楽は仲良しだ☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。