ジェイレンブラウンは復調したのか成長したのか?

トレードデットラインが近づいてきて、アンソニーデイビス(以後AD)がトレード要求したお陰で1月頃はセルツはオフが主戦場だし今年は寝れるかなーとか思っていたのに今年も寝れそうにありません。。
どうもツイッター見てるとセルツは、というかエインジは随分前からADを欲しがっていたようでそのために指名権を大量に集めていたとかでそこに若手をつけてオフにトレードで獲得を考えていたそうですね。何年前から計画してたんだって感じですが。。

でも、僕は今勝ちにいかなくても若手が成長すれば自然と優勝が見えてくると思うんですよ!
PG:テリー・ロジアー
SG:マーカス・スマート
SF:ジェイレン・ブラウン
PF:ジェイソン・テイタム
C:ロバート・ウィリアムス
このラインナップめちゃくちゃ夢と希望に満ち溢れていると思いませんか?
このメンツで優勝する姿が見たいんです!
お願いだからトレードしないでエインジ。。

ということで今回は開幕当初とんでもなく絶不調だったジェイレンが最近ようやく調子を上げてきましたが実はただ復調しただけじゃなくて成長したんだってことをスタッツ面からアピールしていこうと思います。

昨シーズンと比べて

まずは昨シーズンと比べてどう変化しているかを見て行きましょう。
開幕当初めちゃくちゃだったことを考えるとFG%辺りはひどくなってそうですがそこは一旦置いておいて。。

FGAを見てください。これはシュートを打った数を表しているんですがこうやってみるとそんなに昨シーズンと変わっていないですね。
ヘイワードが怪我から戻ってきたあおりを一番受けているのはジェイレンだと思っていましたがそんなこともなさそうですね。

プレータイム自体はヘイワードの復帰もあり減りましたがFT%が4%も増えていますね!まるでFTが入らなかったジェイレンがです。これはすごい成長でしょう!もう10%くらい上げて欲しいところではありますが。
やっぱりちょっとわかりづらいので月毎に比べて行きましょう。

各月毎と昨シーズンを比べて

こうやってみると12月から目に見えて調子を上げているのがわかりますね。
FT%の上がり方がとにかくいいですね!1月は73%ですよ!すごい!
全体的にプレータイムが減った割に去年とスタッツに変化がありませんがアテンプト自体はあまり変わっていないのに確率だけ徐々にあげていっています。
2月以降もこの調子で続けてくれればジェイレンはシュートが入るようになったんだ!って胸張って言えそうです。
次をNetRTGを軸に見て行きましょう。

NetRTGを比べて

絶不調だった頃から段々ディフェンスも悪くなってきてるなと感じてはいましたがやっぱり悪かった。。

昨シーズンと比べて1月の成績オフェンス、ディフェンスともにすごくいいですね。
これは1月が良すぎたのか、1月が本来のジェイレンの姿なのかこれからのシーズンに注目していく必要がありそうです。

まとめ

試合見ていると「ジェイレンそこでパス出せる選手になったのか!」とか「ジェイレン中固められてるの突破しちゃったよ!すげー!」とか思うことここ2ヶ月ぐらい多かったんで得点とかアシストとかターンオーバーとか如実にスタッツに現れるかなって思ったんですが全然そんなかったですね。
いや、絶対成長はしてるんです。
ただ今回見たスタッツの中だとFT%だけが目に見えて成長を感じられるだけでもしかしたらボールを持っている時間がかなり減っているかもしれませんし、オフボールの動きがよくなっているのかもしれません。

次は不安だけどテイタムの成長を見ていこうかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Sakurai

バスケ

NBAについてスタッツ見ながら分析していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。