1ヶ月お試しでキャッシュレス生活を始めて気づいたこと

海外では現金を持たない生活が当たり前になってきました。
日本ではいまだに当たり前のように現金での支払いが行われています。
そんな中、たまたま中学時代の友人がキャッシュレス生活を行っているのをみて自分もそろそろキャッシュレス生活に切り替えようかなと思い1ヶ月お試しでやってみることにしました。

キャッシュレス生活に用意したもの

最近はApple PayやGoogle Payなど財布の機能をスマホに搭載することもできますが、携帯をなくしたとき、電池が切れたとき、壊れたとき、速度制限になったときのリスクを考えると少し抵抗があったので今回はカードを使うことにしました。

用意したのは
1.楽天カード
2.念のための現金5,000円
キャッシュレス生活をするためにまずカードを用意しました。
楽天カードかデビットカードかau walletの3択で迷いましたがポイント還元率の誘惑に負けデビットカードはダメ。au walletはポイントはいいんですがポイントの使い道が楽天と比べてだいぶ絞られるので今回は楽天カードです。ちなみにAmazonカードはポイントがまるで貯まらないので個人的には論外です。
たまにカードが使えないお店があったりするので念のため現金5,000円は入れておくようにしました。

キャッシュレス生活を始める前に思っていたこと

キャッシュレス生活を始める前はポイントがたくさん貯まって現金を使わないので小銭が増えない、貯まったポイントでなんか買えるというメリットと
今月いくら使ったのかすぐにわからないため使いすぎてしまいそうというデメリットがあると思っていました。

実際にキャッシュレス生活を始めて気づいたこと

実際始めてみるとメリットは他にもありました。

まず1つ目はATMに並ばなくてよくなったことです。
キャッシュレス生活を送ることでそもそも「ATMでお金を降ろす」という動作がいらなくなりました。
これにより、ATO手数料を支払う必要もなくなりました。

2つ目は無駄な買い物が減ったことです。
これは本当に驚きでした。
単純に心理的な問題が大きいのですが、今までは「財布の中にまだこれだけお金が入っているし大丈夫だろう」と思っていらないものまで買ってしまうことがありましたが、キャッシュレス生活に切り替えてからは「今月いくら使ったかわからないし買わないでおこう」と考えるようになりました。
たったこれだけのことで実際1ヶ月40,000円近く浮きました。

3つ目はお会計がスピーディーになったことです。
今までは小銭を出したり、お札を出したりで時間がかかったのですがキャッシュレス生活を始めてからはカード一枚買い物する場所にもよりますが暗証番号を押す必要がないところもあるので本当にスピーディーに会計を済ませられます。

しかし気づいたのは良い言葉ばかりではありませんデメリットもありました。

1つ目は数十円のものにもカードで払うと店員さんに嫌そうな顔をされることです。
自分自身が昔スーパーでバイトしていたときに数十円のものをカード払いにされると「そんくらい現金で払えよ」っと思っていました。店員さんの気持ちはすごいよくわかります。でも、小銭を増やしたくないんです。

2つ目はレシートがかさばることです。
クレジット払いになることでレシートが長くなりました。
毎月家計簿つけているのでレシートが長くなると財布を圧迫する原因になるため困ります。

最後に

キャッシュレス生活を始めてみたら思ってもいないところでいいことが多かったのでこれからも続けていきたいと考えています。
目下課題は貯まったポイントの使い道です。
うまいこと現金化できればベストなんですが。。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Sakurai

コメント1件

キャッシュレス生活、私もしているのですごく共感できました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。