【沖縄戦:1944年3月22日】日本軍沖縄守備隊「第32軍」編成される 「琉球に於ける我軍は軍紀弛緩し婦女を凌辱する等のことあり」─第32軍による婦女暴行事件について

第二線兵団から第一線兵団へ

 沖縄への米軍来攻が目前に迫った45年(昭和20)3月22日の一年前、1944年(昭和19)のこの日、奄美諸島から沖縄島そして先島諸島まで、おおむね南西諸島一帯を作戦範囲とする第32軍(通称号「球」)が編成された。首里に軍司令部を置き、司令官渡邉正夫中将(44年8月から牛島満中将に交代)、参謀長北川潔水少将(44年7月から長勇少将に交代)、高級参謀八原博通大佐が司令部の中心メンバーであった。
 もともと第32軍はマリアナでの航空作戦を準備する第二線兵団であったが、マリアナ失陥にともない44年7月以降、急速に整備され第一線兵団と位置づけられ、沖縄島に大量の部隊が送り込まれていく。
 44年12月の段階で、第32軍は四個師団・五個独立混成旅団もの兵力を有し、三個師団・一個独立混成旅団を沖縄島に、一個師団・二個独立混成旅団を宮古島に、一個独立混成旅団をそれぞれ石垣島・奄美大島に配置した。
 なお、これら第32軍の各兵団は中国戦線から引き抜かれた部隊も多かった。兵士たちは沖縄住民に「米軍に捕まったら男は戦車で轢き殺され、女は強姦された上で慰安婦にさせられる」などとまことしやかに語り、米軍への恐怖心や敵愾心を植え付けたが、それはまさしく第32軍の一部兵団が中国で現地住民に対しておこなっていたことだった。

第32軍歴史資料に見える婦女暴行事件

 急速に沖縄に派遣された大兵力は、地域の学校や民家を接収し、司令部や兵舎にしていった。こうした軍民雑居ともいえる軍と住民の近さは、一方で軍事機密漏洩をおそれる軍による住民「スパイ」視につながり、一方で兵隊による住民への犯罪行為など様々な軍紀違反が発生にもつながっていった。なかでも問題なのが兵士による婦女暴行事件である。
 第32軍の主力兵団の一つ第62師団(通称「石」兵団)の内部資料には次のようにある。

第四九号 石兵団会報 九月七日1000 仲間
 [略]
二 防犯関係
 [略]
2 姦奪ハ軍人ノ威信ヲ失墜シ民心離反若クハ反軍思想誘発ノ有力ナル素因トナルハ過去ノ苦キ経験ノ示ス所ナリ
 [略]

 軍首脳部が略奪・強姦を相当警戒していたことが読み取れるが、そうした軍紀違反が民心離反などの悪影響をもたらすことは「過去ノ苦キ経験ノ示ス所」という点に非常にリアリティがある。ちなみに石兵団(第62師団)は中国戦線から沖縄へ送り込まれた兵団である。
 しかし、この文言だけでは婦女暴行事件の発生そのものを認めることができないが、資料には続きがある。

九 軍会報中必要事項
 [略]
10 本島ニ於テモ強姦罪多クナリアリ厳罰ニ処スルヲ以テ一兵ニ至ル迄指導教育ノコト

 このように強姦事件が既に多発していることが確認できる。また同じく石兵団の他の会報には次のように記されている

第七九号 石兵団会報 十月二十六日 一六〇〇 浦添国民学校
 [略]
六 軍会報中必要事項
 [略]
3 性的犯行ノ発生ニ鑑ミ各隊此種犯行ハ厳ニ取締ラレ度
 [略]

 このように軍資料にも第32軍による婦女暴行事件の発生が明記されており、第32軍による婦女暴行事件は歴史的事実といえる。沖縄戦では米兵による沖縄住民への性的暴行事件が多発したが、日本軍もまた沖縄住民に対し性的暴行を繰り返していたのである。

軍中央による第32軍の軍紀違反の把握

 第32軍の軍紀の乱れは、中央政界や軍中央でも問題視された。例えば第二次近衛文麿内閣で首相秘書官を務めた細川護貞の日記「細川日記」によると、44年12月8日の日記として

[略]高村氏の話として、琉球に於ける我軍は軍紀弛緩し民家入りて物をとり、婦女を凌辱する等のことありと。是支那にありたる部隊なりと。

とある。また12月16日の日記として

昨十五日高村氏を内務省に訪問、沖縄視察の話を聞く。[略](十・十空襲で─引用者註)焼け残りたる家は軍で徴発し、島民と雑居し、物は勝手に使用し、婦女子は凌辱せらるゝ等。恰も占領地に在るが如き振舞いにて、軍紀は全く乱れ居り、指揮官は長某にて、張鼓峯の時の男なり。

とある。ここでいう内務省の高村氏とは内務省で警察畑を歩み、細川と同じく近衛内閣で首相秘書官も務めた高村坂彦のことだろうか。高村の談は石兵団会報の記述と合致するものであり、正確といえる。既に中央政界でも沖縄の現状が問題視されていたのである。
 さらに沖縄を視察した若手参謀が第32軍の軍紀違反を軍中央に報告したため、軍中央から沖縄憲兵隊に調査の指示が下っているが、第32軍長勇参謀長が報告した若手参謀を恫喝し、事件をもみ消してしまった。
 第32軍関係の歴史資料を見ると、婦女暴行事件のみならず、第32軍が100か所以上設置した「慰安婦」「慰安所」という性暴力や、物資の略奪・住居侵入といった数々の軍紀違反が記されている。第32軍が編成されたこの日より、第32軍が沖縄において何をおこなったのか、あらためて知る必要がある。

引用・出典・参考文献

・『沖縄県史』各論編6 沖縄戦
・玉木真哲『沖縄戦史研究序説 国家総力戦・住民戦力化・防諜』(榕樹書林)
・「第六十二師団会報綴」(防衛研究所 沖台 沖縄101)

トップ画像

第32軍牛島司令官が軍民に指示した「戦闘指針」:那覇市歴史博物館デジタルミュージアム【資料コード02000430】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

棒兵隊

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。