20180531ゲームセッションの責任は

最近、ゲームセッションについて考えさせられることが多かったので、考えをまとめない。

自分の言う「ゲームセッション」は「再現性のないゲームルール外のゲーム体験」くらいの意味で言ってる。

ゲームルールはゲームセッションを完全にコントロールできるとは思っていないが、何も影響を与えないとも思ってない。

ゲームセッションはゲームルールとプレイヤーとその他全部が混じりあったものではないか。

ゲームセッションの責任のそのすべてをプレイヤーが負うのはキツすぎる。

ゲームは悪意に弱いが不幸にも弱いのではないか。

誰も(ゲームもプレイヤーも)悪くないのに「不幸なセッション」は起こりうる。

「不幸なセッション」が起きたとき、「なにか」のせいにできないか?

「不幸」とか「運」とかの領分で上手くできないものか。

よくわかんないけど「ヒトガタを川に流す」とか「塩を盛る」とか、なんかそっちの領域で。

悪意をゲームデザインに組み込んだゲームにはどんなものがあるだろうか?

とかなんとか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

たぶん日記

いろいろとめんどくさくなってきたのでリハビリ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。