見出し画像

ビジネスにおいて大切な、顧客とファンの違い

こんにちは!先日、ビジネスチャレンジコンテストの
キックオフ企画が落ち着いて、ちょっと気が抜けた川本です。

実は先日、廿日市に株式会社ペライチの創業者でもある
山下翔一さんに、来ていただきましたーーーー!!!

参加していただいた方は学生さんが本当に多くて、
熱量をすごく感じる会でした。

創業当初の話や、5億円ものお金を調達して、
事業を運営しているお話など、、、、。

なかなか聞けないお話も聞けて、
起業家マインドを育成する意味では
すごくいい場所だったのではないかなと感じています。

その中で1番印象に残ったお話をシェアしますね!!

ファンを集める秘訣は、想いと丁寧なコミュニケーション

講演会の中で、ファンと顧客の違いについて話す時間がありました。
ビジネスにおいて、必要なのは顧客の存在です。

そりゃ、そうですよね。お金をお支払いただき、商品を購入していただける方だからです。

だけど、ブランドづくりにおいては、ファンの存在が不可欠なのです。

講演の中で、ペライチはファンの方、つまりサポーターの方と
一緒にサービスを作り上げてたというお話がありました。

最初はサーバーがすぐにダウンするようなサービスでしたが、
その状況が起きても、ファンの方々は支援をしてくれたり、
アドバイスをしてくれたそうです。

お金以外の価値があるサービスを作ること

たしかにお金は大切な要素です。
だけど、それ以上に夢を語り、情熱を伝えることで、
その夢を一緒に叶えていこうとする「 ファン 」の存在が
すげーーーー、大事だってことをお話していました。

その信用が、大きな力に変わる様をお話していただいたようでした。

ペライチはツール。それを伝える想いが大切

ペライチは、僕も広島県代表サポーターとして活躍をさせていただくぐらい大好きなサービスです。
ものすごくユーザーにとって、使いやすい仕様になっています。

そして、このサービスを使うことで、もちろん売上もあげられることができるんです。
しかも無料でできるって、半端ないもの。

ただ、あくまでもそれはツールであって、それを使う人間の想いがどれだけあるかどうかが、大切なんだということを改めて感じました。

想いがある人のお話は、いつ聞いても気持ちがいい。
そんな時間でした!!!!本当に集まっていただいた方々には感謝です♪♪


あらゆる偉業の出発点は、
目的を明確にすることから。

W・クレメント・ストーン

● ブランドプロデュースラボ主催
  朝活・講座も毎月、実施中!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

川本真督 / ブランドプロデュースラボ

2012年に広告業として、東京で起業。その後、ふるさとの役に立ちたいという想いから、2016年に広島県廿日市市にUターンを決意。これまでに、多様な広告企画やブランディング支援に従事。これまでの経験を活かし、「自分らしい働き方の実現」をテーマにした創業塾を立ち上げ、運営している。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。