見出し画像

ローカルビジネスに必要とされる「最低限の」マーケティングについて

ブランディングテクノロジー・経営戦略室の黒澤です。

先日に業務提携を結んでいるWACUL様と共同研究レポートの第一弾を発表しました。

ローカルビジネスのマーケティング領域に関わる方々が、最短で成功するためのヒントを得られる内容となっています。

ぜひ目を通して頂けたら幸いです。

この共同研究レポートの背景について、こちらのnoteにてお伝えできればと思います。

ローカルにはローカルならではの成功パターンがある

ローカルビジネス
=特定の地域=特定の商圏内人口の中でビジネスを営んでいる事業者
を指しています。

業種=地域に密着したサービスを提供している企業として、下記のようなイメージです。

交通(鉄道、バス、タクシー)・物流 - 飲食・宿泊・対面小売・卸売 - 社会福祉サービス(医療、介護、保育等)など

なぜローカルビジネスをテーマとした共同研究を行うことになったのか?

大きな理由としては、ローカルビジネスの成功パターンが世の中に少ないからです。

デジタルマーケティングのカンファレンスなどで紹介される成功事例は、大企業やグローバル企業のものが多く、その事例が、ローカルビジネスにそのまま応用することは難しいと考えています。

もう一つの理由は、ローカルビジネスは日本の経済全体を考えると、非常に重要な役割を担っているためです。

日々のニュースではテック系企業に注目が集まることが多いですが、日本のGDPと雇用のおよそ七割を占めるのは「サービス業」だと言われており、サービス業の大半はローカルビジネスです。

そのため、ローカルビジネスならではのマーケティング成功パターンを確立したいと考え、WACUL様との共同研究を行うこととなりました。

以前にローカルビジネスのマーケティングについて個人noteも書いているので、ぜひご覧頂けますと幸いです。

共同研究レポートの内容を要約

WACUL様との共同研究レポートのポイント3つを推奨アクションと合わせて整理しています。

レポート内容を実務に活かす上でのヒントにして頂ければと思います。

①高単価商材はデジタルの影響で「商圏が広がる」傾向にあり
→ユーザー分析から自分たちの商圏範囲を把握することが必要

推奨:デジタルの影響により、自分たちの商圏がどのように変わっているかを分析し、市場と顧客を再定義する

②ローカルビジネスは商圏内のターゲット人口は限られている
→オーガニック流入と有料広告流入のバランスをとり、機会損失を最小化することが必要。

推奨:「地域名」×「業界やサービスカテゴリー名」において露出している状態をつくる

③差別化要素となる「専門知」を発信している企業(医院)は成功している
→専門コンテンツを発信する体制構築が必要

推奨:専門知を文字コンテンツ、動画・静止画を組み合わせて発信する

この3つだけを最低限抑えるだけでも、ローカルビジネスにおいてマーケティングの成果は出しやすくなります。

ローカルビジネスは「地域の顧客に愛されること、ずっと使いたいと思ってもらうこと」が鍵だと考えています。

そのためには、マーケティングに苦戦する時間は最小限にしたいところです。

・お客様とコミュニケーションをとり信頼関係を築く
・自分たちの独自の商品やサービスを開発する
・ビジョンや戦略を考える

貴重な時間は、上記のような、地域のお客様の満足度を上げる仕事に集中させたいところです。

やり方を間違えずに、まず小さな成功体験を積むこと

ローカルビジネスにおいては、「最低限」実践するべきことは決まっていると考えています。

ローカルビジネスに限ったことではありませんが、ビジネスの成功パターンはある程度の「」があります。

ビジネスにおいて独自性が大切なのは間違いありませんが、「最低限の」マーケティングは、全ての会社が行えている状態をつくっていきたいと考えています。

引き続き、ローカルビジネスならではの成功パターンを、WACUL様との共同研究レポートで引き続き発信していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

内容に関して、フィードバック頂けることがございましたらTwitterでDMを頂けますと幸いです!


ありがとうございます!励みになります!
41

ブランディングテクノロジーnote

ブランディングテクノロジー株式会社の公式noteです。インターネット上にあるブランディング/マーケティング領域のキュレーションやケーススタディを中心に、実践に活きる情報を発信していきます。公式サイト→https://www.branding-t.co.jp/

中小企業ブランディング

中小企業がブランディングを考える上でヒントになるnoteを集めていきます! 【発信情報】 ・ブランディングの理論と方法論 ・中小企業のリブランディング事例 ・テクノロジーで変わるブランディング ・採用・育成など組織デザイン視点の事例 ・ローカルビジネスにおけるマーケティング...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。