見出し画像

マイビジネスのレビューを増やすための超簡単な「ある方法」

こんにちは、ブランディングテクノロジー株式会社のSEOの人(@sanoseo1)です。

最近のSEOを語る上で避けては通れないのが「マイビジネス」。昨年頃からどんどん機能が強化されており、多くのキーワードで検索結果の上部に枠が表示されているので、店舗集客型のビジネスではSEOよりこっちに集中した方が成果に繋がりやすいケースも珍しくありません。
(ただでさえ「○○市のおすすめ△△10選!」みたいな検索結果で溢れている状況でもありますし)

そのような背景もあり、マイビジネスの最適化・上位化施策について色々と調べたことがある方も多いでしょう。
それで調べた結果「レビューが大事」と行き着いて、「そんな簡単に集まれば苦労しないねん」とツッコミを入れた方が半分くらいいるんじゃないかと思います。(多分)

そんな方々のため、簡単ながらも意外と解説が少ない「レビューを集めるための”ある方法”」について今回はご紹介します。

レビューURLを発行する

特に焦らすようなことでもないのでサクッと言っちゃいます。クリックすると、その店舗の5段階評価のレビューと口コミを投稿できるURLを発行するというのが今回ご紹介する方法です。

レビュー促進にあたって一つ壁になるのが、ユーザーから見た「煩わしさ」です。マイビジネスを良く知らない人に「店舗名で検索してもらって、表示された中からこの部分を押してもらって…」と順を追って説明するのも面倒ですし、手順を知ってるユーザーとしてもそれはそれでやっぱり数ステップかけるのは面倒なんですよね。
ワンクリック・ワンタップでレビューできるというのは、それだけでも心理的なハードルをだいぶ下げることができます。

ちなみにレビューURLは、マイビジネスの管理画面から

https://g.page/{任意の文字列}/review

という短縮URLの形で発行されます。

マイビジネスのレビューURLを発行する方法

マイビジネスのレビューURLを発行するには、管理画面から「ビジネスの略称」を設定しなければなりません。

ビジネスの略称は、短縮URLを発行する際に使用されます。

https://g.page/{任意の文字列}/review

↑の{任意の文字列}にあたる部分を略称として設定することになります。
そのためマイビジネスを表すような分かりやすいものを設定するのが良いでしょう。

※ちなみに日本語は設定できませんでした。公式ヘルプには

・カスタム URL は、表示名、既存のブランド、現在使用しているカスタム URL、リンク先のウェブサイトの名前などの情報に基づいて指定できます(いずれも、使用可能な場合に限られます)。
・カスタム URL は、大文字と小文字やアクセント記号を自由に変更して掲載できます。

とあるので、日本語ドメイン出ない限りは自サイトのドメインを使うのがベターではないでしょうか。(自サイトのドメインがbranding-t.co.jpであれば、branding-tを略称として設定するイメージ)

略称を設定することができると、管理画面の左メニュー「ホーム」から発行されたURLを確認することができます。

これで完了です。

実際に発行されたリンクにモバイルからアクセスすると、以下のような画面になりすぐにレビューができるようになります。

URLの発行については一応他のやり方もありますが、Googleの現在の推奨がこの方法なので今回は取り上げません。

レビューリンクをどうやって使うか

発行されたリンクの使い道はアイデア次第で色々と考えられるかと思います。

SNSで拡散しても良いですし、QRコードに変換して会員カードなどに埋め込み、来店したユーザーに渡すのも一つです。
サイトに載せるのも勿論一つのやり方ですし、もしサイトに「購入者専用ページ」みたいなものがあれば、そこにも動線を付けても良いかもしれませんね。

↑こんな感じ。(今超適当に作ったので文言とかはあまり参考にせず…)

「劇的にレビュー増えますよ!」とまでは言いませんが、普通に投稿を期待するよりもちょっとは期待が持てそうではありませんか?

さいごに

自作自演と思われる口コミが問題視されている中で、「レビューを集めようとする行為」そのものに対してネガティブなイメージを持たれている方も多いかもしれません。

ですが、「口コミをお客様にお願いする」という行為自体はGoogleはむしろ推奨している立場です。マイビジネスのヘルプユーザーの投稿コンテンツに関するポリシーを見ると、ポリシー違反となるのは

・クチコミの見返りに特典を提供するなどの行為
・実際の体験や情報に基づいていない虚偽の口コミ

であり、お客様に偏見のない正直なレビューを求めるのは問題のない行為なのです。

また、「悪いレビューが付くのが怖い」とレビュー機能そのものに否定的なオーナーもいるでしょう。(実際に何件も相談をいただきました)
そもそもレビューや口コミを集める本来的な目的は、マイビジネスの掲載順位を上げたり競争優位性を誇示するためでなく、「フィードバックを参考にサービスを改善する」ためであるべきと私は思います。(そのために口コミへの返信機能が付いているのではないでしょうか)

多くのお客様に好かれるサービスにしていくためにも、ぜひ勇気を持ってレビューを集めていくことをおすすめいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ブランディングテクノロジーnote

ブランディングテクノロジー株式会社の公式noteです。インターネット上にあるブランディング/マーケティング領域のキュレーションやケーススタディを中心に、実践に活きる情報を発信していきます。公式サイト→https://www.branding-t.co.jp/

SEOマガジン

SEO対策を考える上でヒントになる情報をキュレーションしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。