のゆり

ネットでショップの運営者です。98歳で50代の若さだったブラウンランドーン博士(1945年没)の本(蒸留水の本など)を手作りで販売中。蒸留水を使ったデトックスなど、毒だしと自己解放のためのショップです。http://brownlandone.shop-pro.jp/

霜降り和牛の不都合な真実

スーパーゴールデンウィークが終わりました。連休中は娘夫婦や4歳のお孫ちゃんと共に、久住や長湯温泉などを回りました。大分・長湯には日本一の炭酸泉があります。夜は清川町の川べりのキャンプ場のロッジで宿泊。レストランで生まれて初めて、最高級の霜降り豊後牛・Aランク5つ星というのを頂きました。家族全員が生まれて初めての体験です。そのあまりの美味しさ・柔らかさに感動しました。こんな美味しいお肉があるんだ、さ

もっとみる

ジェリコのバラ

今日は、ランドン博士の復活の真理(後編)から、不思議な植物・ジェリコのバラをご紹介します。この植物は復活の象徴です。魚でも似たような魚があります。下記は抜粋です

↓ 

聖書で復活と訳されているものは、ジェリコの薔薇と同じものです。ジェリコの薔薇は乾燥させると球状になって、風が吹くとボールのように転がります。雨が降ると球がほどけて種を撒き散らし、乾燥させるとまた球状になります。砂漠を転がって旅を

もっとみる

自動書記で示されたグラストンベリー大聖堂

★ 自動書記で示されたグラストンベリー大聖堂のありし日の姿

イギリスにあるパワースポットとして知られるグラストンベリー修道院跡地があります。破壊されたまま跡地だけが残っています。そのかつての姿が、2人の男性の自動書記によって明かされた話があります。

98歳で50代の若さだったランドン博士(1945年没)その生き方にとことん惚れ込んで、完全素人ですが自分で翻訳してご紹介しています。この話は、ラン

もっとみる

桜の木

近くの川べりに桜並木があります。落ち込んだ冬の寒い日。私の心はどんどん小さくなって、机の下にゴミのように丸くなったいました。膝を抱えて泣いてばかりでした。

冬の桜並木は枯れ木のようでした。寒風に身を凍らせ、耐えているだけの、ボロボロの枯れ木に見えました。

春先になって、まだまだ寒い日が続きました。空はどんよりとして風は冷たく、そして桜の木は、相変わらずボロボロの枯れ木のようでした。でもそばに近

もっとみる

心の深淵について

▽▲ ランドーン博士の”心の深遠に向かって”

この手作り本は、幸せと成功を完全に手にするための本で、人生のすべて
に対応出来ます。ビジネス成功のための本でもあります。(書店にはありません。私の手作りです)

文中には、ロシア貴族やアンドリュー・カーネギー(ご存知、鋼鉄王ですね)、フランク・ウールワースなどが出てきます。ランドーン博士の視点で見ると、
みんな本当に身近に、とても親しい隣人のように思

もっとみる

スプラウトと酵素

▽▲ スプラウト(芽出し野菜・もやし)と酵素

98歳で50代の若さだったブラウン・ランドーン博士は、ずっと早くから、スプラウトの素晴らしさを知っていました。スプラウトを与えた老ネズミが若返ったという実験結果がありますが、それには生きた酵素の力が大きいと思われます。

酵素(エンザイム)はその種類が2000とも4000とも言われ、よくガス
コンロに例えられます。栄養はガスで、酵素はマッチの火。ガス

もっとみる