ブラウンスイス

都市計画とかのことをつらつら書いていけたらと思っています。

思い出す都市計画(下)

田園都市の作り方

都市の構想を考えることは楽しいものです。どこに道路を敷こうか、住民の需要にいかに応えようか、住みやすい街とはどんな形だろうか。シムシティのような都市シミュレーションゲームをやったことがある人なら、その箱庭を愛でることの幸福感や、自分の手が加わったことで自律的に動き出す都市の群体のようなものに対する愛着形成に気付いたことがあるかもしれません。
そういうゲームにおいて、プレイヤーは

もっとみる

思い出す都市計画(中)

3つの磁石

さて、前回の終わりに呈示したダイアグラムに関する解説です。
まずは最も有名な「3つの磁石」について。

ハワードが生きていた当時のイギリスは、前回もお話した通り、それはそれはひどい生活環境がそこかしこに見られました。
都市であれば、工場が密集し、労働力をあてがうための最低限度未満の住宅があり、疫病と隣り合わせの暮らし。
かたや農村であれば、労働人口が漏れ出し、鄙びたとも形容しがたい過

もっとみる

思い出す都市計画(上)

レッチワース

計画都市と言われて真っ先に想起される都市の一つに、レッチワース(Letchworth)があります。世界最初の「田園都市」であり、創建から100余年を経過した今でも、世界中の都市が割拠する中で独自の存在感を放つ場所となっています。
1903年に建設が始まったレッチワース。そう、もともとある街ではない、自然発生的に、段階的に、宗教的に、歴史的に生まれた街ではない、ニュータウンの嚆矢でし

もっとみる

旅する都市計画

行ったことないのに

はじめに断っておきます。私はフライブルクに行ったことがありません。申し訳ございません。バーチャルです。

堅苦しい制度の説明ばかり続いていたのでもういい加減疲れてきました。好きなものであることは確かなのですが、そればかりというのもつまらないものです。読むほうはキットモットつまらないことでしょう。
なので、旅行した気持ちになって、都市計画という観点からブログ旅をしてみるのならち

もっとみる

都市計画制度の概要(5)

はじめに

前回までは都市計画法における各種計画・事業の内容を見てきました。今回はその計画を策定する主体のお話です。初回のスライドで示したところで言うと、組織・住民参加の部分になります。眠い話も多分今回が最後です。何を書いても眠い可能性もありますが。

計画高権

日本の都市計画の歴史(と言いつつ殆ど東京の都市計画史になってしまった)でも見てきたとおり、都市計画というものは元来国家の権限によって定

もっとみる

『東京150年』江戸東京博物館企画展レビュー

今から150年前の1868年、明治天皇が江戸を東京府とする詔勅を発せられ、東京が日本の事実上の首都となりました。
この節目に、東京都内では様々な催し物が開かれています。江戸東京博物館のこの企画展もその一つで、これまでの東京都市計画史を振り返ることができる良い機会となっています。

感想

都市計画好きな私としては大興奮だったわけですが、あまりその気持ちを語っても引かれるだけなのでやめておきます。

もっとみる