2018/06/04 握っているから掴めない

去年の8月24日にNPO法人化した特定非営利活動法人おてらおやつクラブの第一期総会が無事に終了しました。県庁への決算資料提出や各助成団体への報告など事務対応が続きますが、なんとかここまでやってこれたこと、支えてくれる皆さまへ改めてお礼申し上げます。

坊さんが法人を作ってまでやることなのか?(ほかにやることあるだろう)とたくさんのツッコミをもらい続けた一年でしたが、本当に貴重な経験と出遭いに支えられた一年でした。やや乱暴な言い方かもしれませんが、NPO法人化することで個人プロジェクトでは到底動かすことのできないヒト・モノ・カネ・情報を動かすことができたと感じています。まだまだ規模はこれからですが。なにより自分自身の信仰が揺さぶられ、深まっていく一年でもありました。

NPO法人になること、なったあと、事務処理の面倒くささなどもご指摘を受けるところですが、まったく苦になりません(対応するメンバーは大変だと思います・・・すんません)。むしろ公益法人として情報公開していく意味を考えれば、手続きの手順や方法に一定の基準があることで自分たちの活動に足りていないことはなにか?物差しをあてはめてみることで見えてくるものがあり、ありがたいのです。

そしてなにより、NPO法人の運営を通じて、公益法人である宗教法人・お寺のマネジメントについてもたくさんの示唆・経験を得ることができています。このあたりは「未来の住職塾」もびっくりの現場が目の前に存在していると自信を持ってお伝えできるし、そういった意味でも、もっと多くのお坊さんがこの活動に関わってほしいと感じているところです。そこのあなた、待ってますよ!

2018年度は「おすそわけ」事業の継続に加え、本事業をささえる新しい企画として「てばなす」事業にチャレンジしていきます。

握っているから掴めない。

活動が愚かな自分の限界とイコールにならないように、若い世代への引き継ぎも同時に進めていきます。引き続きよろしくお願い致します。

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ 代表理事 松島靖朗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

坊さんが経をこいた

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。