【実録 サロマへの道 108kgが100kmを走るまで】プロローグ

あとは7分30秒/kmのペースで、ゆっくり走っても完走できるし、ムリすることもない。高校同窓の加藤センパイ命名の盲腸坂(洞爺湖マラソンで唯一湖畔から離れ、アップダウンの山道を走る21km〜27kmの区間)を走りきった時にそう思った。

30kmのエイド。洞爺湖マラソンでは、15kmと30kmに給食が用意されていて、バナナをはじめ、チーズケーキやら何やらエネルギーチャージ的な食料が提供されている。そこでバナナをモグモグしていたら、これまた高校の後輩、ようこりんとムスメの葵ちゃんがいてくれたじゃないの!
きたぐちさ〜ん!!がんばってクダサーイ!って、エールと梅干しをもらってなんだか俄然元気が出てきたw

時計を見る。32kmからの残り10kmをもう一度7分/kmまで上げていけば、もしかしてゴールで5時間切れるかもしれない。ようこりんと葵ちゃんの応援で単純に元気づけられ、完走するだけじゃない、ここはタイムも狙っちゃうよ〜的なよくが出た。出た出た。応援ってすごいね。

32km〜33km 7:04
33km〜34km 6:48
34km〜35km 6:52
35km〜36km 7:03

がんばった!がんばったけど、ここまでだったなあ。その後のラップは7:22,7:54,8:37,8:51,9:31… ってことでまさに限界。結果、ネットで5時間8分19秒。ともあれ、フルマラソン初完走だ!チョ~うれしい。

最後、失速の原因はそう、やっぱり体重だ!!今回フルマラソン挑戦時の体重は88kg。マラソンランナーとしてはあきらかに重すぎw それでも4年前、一番ひどかったときより20kgは軽くなった。

そして、ボクにとってこのフルマラソン完走は単なる通過点。だって究極の目標は約ひと月後、第29回サロマ湖100kmウルトラマラソンなんだもの。これから、サロマ完走までの道のりを、ランダムに、過去の出来事なんかも織り交ぜながら、ちょっとずつ綴っていきたいと思います。皆さま、どうぞよろしくお願いします〜

ちなみに2010年5月。体重108kgの自分はこんな感じw

笑えますww

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ぶどう

実録 サロマへの道 108kgが100kmを走るまで

2010年人生最大体重108kgを記録した自分のサロマ100kmウルトラマラソンへの挑戦記でございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。