Review - 5,000km(短信)

大学の仕事やら何やらにかこつけて、延びるよマイレージ。

走る理由が後付けされるのがとても楽しいので、最近のオオタは呼び出されればどこにでも現れる傾向があります。BMWさんのおかげでプレゼンス高まってます。それにしてもこのペースは久しぶり。

燃費は平均して18km/L前後。一回満タンにすると800kmぐらいは余裕で走れちゃうのだけど、そのぶんたくさん走ってもいるので燃料代としては、いやいや、まあまあ、So-soというところです。

そして慣らしも進んでおりまして。

特にオーディオは本当によくなりました。例のPerfumeがうるさい問題もだいぶ落ち着いて、いまはどんな音楽を慣らしても気持ちよく聴けます。とにかくよく走ってるしよく聴いてるし。スピーカー交換しなくてよかった。

ACCが賢いので、ちょっとだけ音楽のほうに気を取られてもあんまり不安なく走れるのが音楽好きとして本当にうれしい。好きな歌とか、車内で大きな声で歌ってしまうのも大事なドライブ体験だったことを思い出しました。

そうそう、パドルシフトをレトロフィットしました。ECO PROモードのセーリング機能が、高速や下り坂でちょっと怖いなと感じることもあったので、ということにしておいてください。

いま詳細は確認中なんですけど、どうやらATの制御そのものがちょっと変わったみたいです。マニュアルモードでない時もシフトスピードそのものが早くなっているし、左手で「ちょんちょん」とシフトダウンするとブリッピングが入ります。なにこれ気持ちいい。タコメーターもポンポンと小気味良く上がったり下がったり。

おそらく今回のコーディングによって標準の「Automatic Transmission」が「Sport  Automatic Transmission」になったんじゃないかなーと思われます。前者はパドルなし、後者はパドルあり。本国では118d/120dが前者、125dが後者、だったかな。

燃費への影響はあんまりありません。あ、街なか燃費がちょっと悪くなったかな、というのはたぶんカチカチやってるから。

そろそろレブリミットぐらいまでブン回す頃合いのようです。

つづく。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Bunmei OHTA

公私織り交ぜての徒然コラムをノージャンルで書いてます|デザイン思考家|株式会社アイ・エム・ジェイ Service Design lab. シニアデザインマネージャー|常葉大学 非常勤講師(インフォメーションデザイン)|NPO法人 人間中心設計推進機構認定 人間中心設計専門家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。