隣国の少女

隣国の少女

今は全然独りが寂しいなんて思わない
ずっと抱えてきた寂しさが嘘みたいになくなったんだ

ただ宇宙のリズムが時々 俺の小ささを浮き出して
虚勢だらけの無力な 赤裸々な俺を映し出してしまう

”あきらめたら駄目”と”あきらめなきゃ駄目”
が自分の存在価値の中でいったりきたりする

だから今夜は何もかもが全部 どーでもよくなったりする

「お兄さんわたしとどですか」

「いや 間に合ってるよ」

こんな目立つ街頭で体を売る隣国少女たちは
きっと生きるために必死なのかもしれない

9月 僕はどうやったら死ねるかばかりを考えていた

10月僕はどうやったら生きのびられるかを考えはじめていた

片言の隣国語と英語と日本語を混ぜながら伝えてみる。
「そっちはいらないけど、焼肉でも食べないか?一人では行きにくいんだ」

「いいよ お腹すいてる。でもワタシお金使えないね」

「いいんだ 故郷の話を聞かせてよ」

子供のように笑う少女が少しだけ僕の失った人たちとかぶった

まだきっと絶望している まだきっと誰の事も信じてなんかいない だけど

11月 僕は1年ぶりに何かを少しとりもどした気がする

(2008年11月)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ぶんちゃん

望んでない波乱万丈が僕の人生に勝手に起こり続けました。 もう疲れました。やぎ座の僕はもっと安定した基盤を望んでいるのに、いつも運命に振り回されています。 でもがんばって書き残そうと思いました。こうして書き残す事が運命のいじめへの僕の唯一の抵抗なのです。

マイリスト MyWrist ~境界アリス~

マイリスト MyWrist2番目のお話は7年前にこの世を去ったアリスのお話です。 恋人だったあーたんの死後、僕は彼女の親友だったアリスと接触する事になります。 アリスはあーたんと同じボーダー(境界性人格障害)という病気にかかっていました。 話は実話に基づいていますが、一部プ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。