中古靴をリメイク_01(分解から釣り込みまで)

メルカリで、人生初の中古靴を購入しました。

バラバラにします。一般的なグッドイヤーウェルテッド製法です。

先芯は固まっていて除去が難しかったです。シートディップ(シンナーのようなもの)を使って剥がしました。

木型に合わせて、中底の設計をします。

仮釣り込みにて、土踏まず部分のアッパーが足りないことが判明しました。あまり攻められないということです。

ちなみに、釣りこんだときに、つま先部分が一部避けてしまいました。革が乾燥しており、伸びが悪かったのも一因です。今後は、釣込む前にデリケートクリームなどでケアすることにします。この傷は、あとでアドベースで埋めるのであまり気にしません。

一度木型から外して、すくい縫いの溝を掘りました。今回初めて、彫刻刀を使いました。

木型を抜くときにスムーズにするため、ビニールをかぶせてから中底を取り付けました。

かかとを固定しました。

中心線を書いてからライニングを釣り込みます

次に先芯を入れます

釣り込みました。

このような感じです。

続いてすくい縫いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

靴作りPJ

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。