偽りのケバブ

↑Tシャツここでうっておる


ケバブ屋さんのトルコ人、例外なくみんな陽気




ども。久々の箇条書き日記っき。


・今日は会社の研修でおはやめにお家に帰れたので日記のほう、したためさせて頂きやす…


・今日は早くおうちに帰れたのでとてもご機嫌ちゃん。毎日日記かこう!って思って前も宣言したけど、おうち帰ると瞬時にベッドに吸収されてしまうので書けない。ベッドが悪い。僕は悪くない。




・オフトゥン!(布団に倒れこむ擬音)




・言いたかっただけです。


・あんまり会社の話は基本的にしたくないなーって思ってるけど、やっぱ会社の話ばっかになるな!どんな感じかっていうと、一日5兆回くらい「帰りたい…」って思ってるし「仕事やめたい…」ってぼそぼそ言ってる。働かざる事山の如し。帰宅の速さ風の如し。人は会社の為に生きるにあらず。まぁ本気では思ってないんですけど。


・でもけっこう学生の時も常に「帰りたい」って独り言を言ってた。家の布団の中でも「帰りたい」って言っちゃうし、たぶんそう思ってるわけじゃなくて言いたいだけなんだと思う。還りたい。森とかに。


・仕事はしょうじき、メイクマネーの方も十分で人間関係も部長大好きちゃんでやりがいもあると言えばある。つまり職場に不満はない。何だかんだ「ふーん、意外といいじゃん?(仕事)」とかも思うんだけど、でも辞めたい。もー辞めたい。まー辞めたい。鬼。辞めた過ぎて鬼。


・なのでそもそも労働が無理なんだと思う。でも学校もはちゃめちゃ楽しかったのに「辞めたい」って思ってたし、たぶん言いたいだけなんだと思う。いや、やっぱり辞めたい。川原でかなり丸い石とか探して、それを売って生活したいです。


de,


・今日は早めに帰れたのでおはやめに「ハイパー人間タイム(自由時間の事)」のほうをやらせて頂きました。買い食いとかした。へへん!



・今日たべたレアなインド人が経営してるケバブ屋さん。ナンでケバブを包んだ「チキンナンケバブ」とかいうそのまんまなバカの食べ物にふらふら~っとつられてしまった。ケバブに取ってつけた雑なインド感にやられました。


・どうでもいいんだけど、ナン屋のインド人とケバブ屋のトルコ人って例外なく陽気ですよね。ケバブ屋でトルコアイス頼むと、アイス渡すフリをして取り上げるみたいなくだりを日本全国津々浦々どこのケバブでもやられるんだけど何でなんだろう?やらないケバブを見たことないし、僕が知らないだけで年に一回そういう客からアイスを取り上げる講習会とか、そういう客にウケる方法のマニュアルがあるのかも知れない。毎回やられるともういいよ…ってウケないしそろそろ辞めてほしいな…



・まぁそんなひねくれた話はナンでもいいんです。ナンケバブだけにナンでもいい。っつってな!!!!!!!ガッハハハハハハ!!!!!





・は?





・はい。


de,de,




・冒頭のぐるぐるケバブマシーン、これって最高ですよね。肉が切り落とされてパパ~っとケバブができる一連の流れ。最高。様式美。ミケランジェロ。だから出来るまで機械をいじってるのを見てワクワクしてました。そしたらナンが焼きあがった後、ケバブマシーンじゃなくて炊飯器から肉を出して渡されたんですよね。



・散々機械をいじった後に、ここから肉が出された。そっちから肉出すなら最初からそうしてよ!!!!!!!!なんで一旦フェイント入れたんだよ!!!!!!!!!!おい!!!!!!!!!!!!!!


・ちょっとプンスカしてたんだけど、これはこれで美味しかったら「まーいっか。」ってなった。単純でかわいいと思う。



・こういう仕事終わった後に、どうでもいい日常ハプニングで仕事から日常に切り替わる瞬間がすごく好きで、今日も「ほぁ~」と思った。ぼくはかなり考え事をする方で最近は政治てきな社会な難しいことを考えたりして「うーむ、日本とは…」みたいなことを思うんだけど、こういうことがあると一気に日常に引き戻される。


・仕事とかの難しいことって考えすぎると人間じゃなくなってしまうことがあって、難しいことを考えて「あー、これからのキャリアはああしてこうして…」って思い悩みながらスーパーですごい肉が半額なのを見て「わーい!買うぞ!」ってなると「あぁ。そっか。そんな難しいこと以前にぼくは人間だったな。どうでもいいや~」ってなる。伝わらないと思うけど、そうやって日常の輪郭を取り戻す瞬間にすごくエモを感じる。LGBTも表現の自由も、日常の僕には関係ないもんね。



・僕はポンコツなので「お前な~も~!社会人としてなぁ!」みたいな事で会社のパイセンにおこをされるんだけど、「社会人として」って言われると「でもシャッキリ社会人である以前にダサい人間なんだよなぁ」って思ってしまう。


・社会は厳しい、とか的な事を言われるけど、誰が言い出したんだろ?って思う。別に厳しくなければならないルールなんてなくて、ゆるくてもいいし、みんなも寛容なほうがいいでしょ。たぶん「社会は厳しくあるべき」っていう風潮にみんなギスギスしてるだけな気がする。いや知らんけど。



・会社の人たちはしっかりしてるだけあって、ポンコツな僕と比べて「社会の人」感がすごく強い人が多いんだけど、ふとした時にパイセンのバッグの中にレシートのゴミ入りっぱなしとか期限の切れたクーポンが財布に入ってる、とかが見えるとすごく安心するしほんわかする。あぁ、ちゃんとこの人もダサい人間なんだなぁーって。あれ、これ悪口?


・会社のおはなしやめやめ!!!!!したくないので!!!!僕は社会人ではなく人間だ!!!!!!そういう人間なのだ!!!!



・以下、見せたいものを見せるだけのコーナー



・すべて投げして遊びにいく金曜日のぼく。最近書いた。かわいく書けて気に入ったのでヘッダーにしました。たぶん今の仕事はいずれやめちゃうだろうなーって思うけど、まぁそういうのは今後いずれ考えればいいやーって思っていつもこんな感じ。



「RPGのドラゴンマスターとかが買う奴じゃん!!!」と思って撮った。占いの本だったんだけど。龍の飼い方の本とかあったら読みたいな。そういうの無いのかな…カッパの飼い方とかの本は昔ありましたね。

・電車のおもいやりゾーン。


・人に優しくしなければならない「思いやりゾーン」がわざわざ電車に指定されているって事は、逆に言えば思いやりゾーン以外では一切人を思いやられてなくて阿鼻叫喚の殺戮バトルロワイヤルが繰り広げられているのかな、と思って撮りました。でもみんなちゃんと思いやってるからやさしくてよい世界。




・こういう抽象的な奴って何か引っかかるんですよね。「誰でもトイレ」ってあるじゃないですか。あれもなんか引っかかる。


・誰でもトイレがあるって事は、誰でもトイレが作られる前は一部の選ばれし人間しかトイレには行けなかったって事なのかな。かつての街は一部の貴族階級以外はトイレに行けない歴史があったんだろうな…街はおしっこまみれで阿鼻叫喚、憤怒と悲劇、そこに一人の男が平等なトイレを求める義憤で立ち上げりーみたいな存在しない歴史を創造する。バリアフリートイレとかで良いと思うんだけどな…



・もしくは「あらゆる人間はトイレにされる可能性がある。平和を享受しようとも憎悪の捌け口として不平等にトイレのように扱われる可能性がある。それを忘れるな。人間は誰でもが誰かのトイレになる可能性がある。」みたいな啓蒙の呼びかけかとも思った。そう。誰でもがトイレになるかもしれない。誰でもトイレ。とも思った。何を言ってるんだ?




・ちょっと長くなっちゃったのでまだあるけどおしまい!!!話が!!!!!!!!!!!!ながい男は!!!モテない!!!!!!






・試作したやつ

そういえばブルTはユニクロさんで作って売ろうと思ってたんだけど、やっぱりsuzuriにしたのでユニクロ生地がSサイズが2つ余ってます。suzuriのTシャツ使ったこと無いからわかんないんだけど、たぶん生地としてはユニクロさんの方がユニクロ生地にプリントだからいい奴?だと思う。suzuriよりユニクロのSサイズがいいな!って人いたらDMください!送料こみで2500えんです。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ブル高

インスタ女子
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。