文章は上手に書いてはイケない~ダメな表現を回避する14のガチテクニック

スッキリ、楽しく、読みやすい――。
そんな風に文章をスラスラ書けたら、どれだけ嬉しいだろう?

ちょうど20年前、出版業界へ足を踏み入れたオレは毎日そのことばかりを考え、そして入社2年目の終盤に差し掛かったころ、ある絶望的な欠陥に気が付いた。

オレ、文才、ない……( ;∀;)

寝る間を惜しんで文脈考え、表現に工夫を凝らしてみても、いざ上司(編集長)の原稿チェックを受けるや、紙が真っ赤になるまで赤字が入れられる。

あまりに修正が多くて余白スペースがなくなり、用紙の裏面に及ぶほどだ。その恥ずかしさたるや……。

プライドはへし折られ、半ばノイローゼになりつつ、文字と格闘すること更に2年。
キッカケは、他愛のない思いつきだった。

『もう……上手に書こうとするのはやめて、ダメなところを集中して直してみようかな……』

当時、原稿を書く上で、オレが上司から言われていた決まりごとは
◆言葉のダブリを避けろ
ほとんどそれだけだった。

ダブリ」とは「重複」のことである。
それを避けろというワケだから、要は、1行の文中に、同じ言葉を2度以上出すな!という意味になる。

ざっくり示すとこんなイメージだ(※PC表示を推奨)。

【イメージ図】
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
言葉A◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯言葉A◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯言葉B◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯言葉B◯◯◯。
※1行の文章に同じ言葉が2度はNO!

言葉Aも言葉Bも同一文で2回登場している。
これがダメ。

なぜ禁止されているのか?
というと、実際は感覚的な話で、ダブリのある文章はチープで陳腐に見えてしまう。

逆に、ダブリがなければスッキリ読みやすく、読者の脳ミソにも心地よい。早い話、プロの文章であり、出版業界では基本中の基本である。

ただし、この説明だけでは別の疑問も湧いて来るだろう。

「1行の文章で同じ言葉は使っちゃいけない。
それはわかった。
では2行目に同じ言葉を1つ。3行目にも1つ。
この調子で、4行目、5行目、6……って1つずつ入れていいの?」

なんて問われると、そりゃダメっすわ。
さすがに明確な決まりはなく、漠然と1~3行に1度ぐらいまでなら許容範囲と答えるしかない。

【イメージ図②】
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯言葉C◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
言葉C◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯言葉C◯◯◯◯◯。
※「1~3行に1度ぐらい」だとこうなる

回数はあくまで目安。
できる限り同じ言葉は近くで使わないほうがいい。
人のアタマは、それほど馬鹿じゃないのだ。

次に意識したのは【体言止め】だった

言葉のダブリを避けろ――。

そんな唯一の教えを徹底したオレの原稿は、上司からの赤字も少しずつ減っていき、こうなると楽しいもんで“別のダメな法則”を探すようになった。

もはや『カッコよく上手に書いてやろう( ー`дー´)キリッ』なんてスケベ心は1ミリもない。
オレは、オレのダメな部分を上司より先に見つけてやるんだ!

『つーか、上司にその法則を聞いた方が早くない?』

ナルホド、たしかにそれはごもっともな意見である。
当時のオレもそう思って、何度か尋ねたが、返ってくる答えはいつも同じだった。

「とにかくスッキリ書けばいいんだよ」

おっ!
おぉおおお……(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・
と、上司相手にキレたくなったが、当人に全く悪気はない様子。

文章というのはセンスや感覚的なもので書かれるという思考のようで、当時のオレみたいに「書き方で迷ってしまう人間が、ドコで何に苦しんでいるか、まったく気づいてない」のだ。

やっぱり自分で探すしかない――。

そんな状況でオレが次に意識した法則が
◆体言止めの使い方
だった。

【イメージ図③】
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯体言止め
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯体言止め
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯。
※体言止め(文末が名詞)

体言止めは「文末が名詞で終わる」という、相当わかりやすい文章テクニックだ。
一つ入れるだけで文章に急激な変化を与えてくれるので、この技巧の使い方を知っていると知らないとでは大きな差が出てくる。

そして使い方が簡単なようでいて、実は意外と難しい。

現段階では「多用は避けよ」とだけ申し上げておく(詳しくは後述)。

【本記事に対する皆さんの声】

本noteについては、こんなお言葉をいただいてます!

10年かけて14のダメパターンを発見→実践

かくしてオレが日々の苦闘で確認できた回避すべきダメな表現は現在、
・10法則(14パターン)
にのぼる。

どんな内容か?
まずは目次から、ササーッとご確認いただきたい。

◆Contents

【法則①】 表現のダブリを回避せよ・初級者
①-1 単語のダブリ編
①-2 あえて言葉をダブらせる方法編
①-3 文末のダブリ編

【法則②】体言止めの連発を回避せよ!

【法則③】『~~だが、~~である』構文を回避せよ!

【法則④】動詞の多用を回避せよ!
④-1『する(英語でDO)』が厄介編
④-2 名詞化しよう編

【法則⑤】こそあど言葉を回避せよ!

【法則⑥】「~の~の~」を回避せよ!

【法則⑦】主語連発を回避せよ!

この続きをみるには

この続き:20,847文字/画像14枚

文章は上手に書いてはイケない~ダメな表現を回避する14のガチテクニック

五十嵐利休@武将ジャパン

1,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

548

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
16つのマガジンに含まれています

コメント2件

すごい!後輩や育成中のライターさまにそのまま読んでいただける記事ですね,,,✨
一つの記事で一つのテクニックやるだけで文章力あがると思います💕😆本当にありがとうございました。
>あずもとさん
同業者さんに見られるのが一番怖いんですが、よかったっすw

ほんと、僕は、まったくと言っていいほど文章書けなかったので、
一つずつ実践していきました。

僕も、駆け出しの頃にこの法則を教えて欲しかった><;
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。