仕事ができない人は「はっきり」させようとし、 できる人は「単純化」しようとする


仕事ができる人とそうでない人の違い。
ちょっとトゲのある表現な気もする。
あまり気持ちよくない比較論の気もする。

しかし一方で、書店に行くとこのような比較論でのビジネス書が溢れている。
多くのビジネスパーソンにとってわかりやすいのだろう。
そして、知りたいことなのだろう。

今回は、そんな比較論の話。



数学とは単純化の学問でもあると思っている。
かつて学生時代、数学の試験に長文問題が出てきたことがあるだろう。
でもそれを読み解いていくと、その問題の要約はたった1行の数式だった。
そんなことはないだろうか。

世の中に存在する様々なデータ分布。
そこから代表的なモデルにしたものが正規分布と呼ばれるものである。
これもまた、複雑なものをシンプルに表現したものといえる。

数学的な視点を持つと、複雑な物事を単純化できる。

ここまでが前座。
では本題のビジネスの話。


この続きをみるには

この続き:1,486文字/画像1枚

仕事ができない人は「はっきり」させようとし、 できる人は「単純化」しようとする

深沢真太郎 ビジネス数学教育家

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深沢真太郎 ビジネス数学教育家

ビジネス数学の専門家。人材教育コンサルタント・作家。理学修士(数学)。国内初のビジネス数学検定1級AAA認定者。国内唯一のビジネス数学エグゼクティブインストラクター。大手企業・プロスポーツアスリートの研修を担当。『数学女子シリーズ』『論理ガール』など著書累計15万部。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。