住宅には熱の逃げやすい場所がある(熱橋)

住宅は窓・ドア以外は基本的に断熱材に覆われています。
ただ、構造上断熱材が途切れる場所があり、断熱材を貫通している部材のことを熱橋と言います。

木材熱橋

木材の断熱性能は高い?」で充填断熱の場合は柱が熱橋になるというお話をしました。
柱が断熱材を貫通する状態になる場所を木材熱橋と言います。

構造熱橋

鉄筋コンクリート造で内断熱の場合は、壁や床、天井などで断熱材が途切れる場所があり、これを構造熱橋と言います。

金属熱橋

鉄骨造の住宅や金属の部材を使用している住宅で、金属が断熱材を貫通する場所は金属熱橋と言います。
金属はわずかな面積でも熱をよく通すため、断熱材を貫通する金属がある場合はそれを考慮する必要があります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

武田暢高

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。