シティ岐阜優勝デッキの紹介、当日のマッチについて

皆さんはじめまして、白虎と申します。

昨日のシティ岐阜では、優勝することができたので、その構築と、当日のマッチアップについて紹介していこうと思います。最後まで読んでいただければ幸いです。

この記事では、社会通念上認知されていると判断できるカードについては略称で書いていきます。(e.x. ルカリオ&メルメタルGX→ルカメタ etc.)

デッキ紹介

私は、今回ルカメタネクロズマGXという、おそらく今まで誰も結果を残していない(そもそも考案すらされていない)デッキを握りました。実はCL東京でも同タイプのデッキを握り、今回はそれの改良版となっております。なぜ今回再びこのデッキを握ったかというと、自分が一番使えるデッキがこれなのと、このデッキなら、今のめちゃくちゃな環境の大体のデッキと、プレイングさえ間違えなければ5分以上に戦えると思ったからです。それと、CL東京ではまともな結果を残してやれず、自分はプレイングもマナーも全然ですが、このデッキには自信があり、このデッキが強いということを証明したかった、というのもあります。

では、デッキの詳しい紹介となります。コンセプトとしては、ルカメタ→ネクロズマ→ルカメタで攻撃していき、フルメタルウォールGXで、相手の動きを止め、こちらを硬くし、アセロラやマオスイレンなどで回復しながら攻撃を続けていき、サイドを取り切ることが、メインプランとなります。ロップリンではなく、ネクロズマをルカメタと組ませた理由は、相手に3-2-3や2-2-3を強制できる、フルメタルウォールとの噛み合わせが良い、と言った理由があるからです。

それと、数が増えてると聞くラフレシアや、長期戦になり、相手のリソースが尽きたりしてる状況に対しては、向こうからも打点がないので、耐えてLOを決める、というプランを取るために、ジュジュハチを採用しました。

ではこちらがデッキレシピとなります。

画像1

各カードの採用理由

ここから各カードの詳しい解説となります。


ポケモン 6


ルカメタ 4

このデッキの主軸です。基本こいつで攻撃したりエネを割ったりします。最初に出したいので4採用です。


ネクロズマたそがれのたてがみGX 2

高火力要員です。ルカメタが削って退場した後こいつで倒します。ルカメタのフルメタルウォールを最大限活かせて、尚且つサイド制限はありますが、すぐ起動できるアタッカー、相手に3-2-3で取らせることができる等の理由で、ロップリンではなく、ネクロズマにしました。1枚で良くない?と知り合いに言われましたが、サイド落ちが怖かったのと、予め2体盤面に置いておけば、確定でビーリンを発動し起動できるのもあって、2枚いれました。


グッズ23  (19+ポケモンの道具4)


ポケギア 3

ブルーや他のサポート持ってくる要員です。4入れたかったのですが、枠確保のために3にしました。


まんくす 1

回復役です。これを使って時間稼ぎして、次の攻撃の準備をします。エネを破壊しなければいけないので、1でいいです。


入れ替え 1

一度逃げると次の攻撃の準備に時間がかかるので、こいつで回します。2入れたかったのですがマオスイやグズマ、フウランで頑張れるので、枠確保のために1にしました。


タッグコール 3

ルカメタやタッグサポートを持ってくる要員です。最初2でしたが、ポケギアよりこっちの方が欲しい盤面が多かったので3にしました。


タッグスイッチ 2

ルカメタについたエネをネクロズマに移動させて無理矢理技撃ったり、アセロラで回収する前にエネを他のポケモンに移したりします。2枚あると融通が効くことが多かったので2採用です。


ビーリン 2

エネ加速用です。2枚採用したのは、サイド落ちケアと、準備できてない時でも2枚でネクロズマを起動させれるからです。


グレートキャッチャー 1

相手のGX引っ張り出してエネを割ったり攻撃したりします。コストが大きいのとGXしか引っ張り出さないので採用は1です。


スタンプ 2

入れない理由はないです。三枚入れたかったです。


フライパン 2

これがあるおかげで、炎となんとか戦えることができます。3入れたかったのですが、後述のゴーグルのため1採用です。


ハチマキ 1

打点がもう少し足りないというときに付けたり、ビーエネと組み合わせれば、ルカメタでダメカンのっけれなかった相手タッグも倒すことができます。あとは、ルカメタでテテフを倒す時とかも使います。枠がないので1採用です。


ブロアー 2

最初は1でしたが、うねりケルディオに強くするため、相手のジラーチを動きにくくするため、ハチマキを割って相手の火力を削ぐため、フライパンからハチマキに付け替えるため、などの理由で2にしました。3ほしいです。


エネスピ 1

ブルーでエネを持ってくるためのカードです。これで、こうてつのこぶしからのヘビーインパクトが格段に撃ちやすくなりました。もう一枚入れたいですが、枠がないので1採用です。


プレシャスボール 1

ネクロズマ持ってくる用ですが、ネクロズマドローゴーした時はルカメタを持ってきます。2あれば便利ですが枠がないのと、ルカメタはタッグコールで持ってこれるという理由で1採用です。


メタルゴーグル 1

炎が一時期より格段に減ったのとガブギラが増えていると感じたので入れました。これは1採用でいいです。


サポート 16


ブルー 4

このデッキの要です。こいつさえこれば、とりあえずなんとかなる、状況に応じて、様々なカードを持ってこれる最強カードです。こいつのためにジラーチ型は捨てました。4必須です。


アセロラ 1

言わずと知れた回復要員です。2入れたかったですが、枠がないのでルザミーネで使いまわします。


ルザミーネ 2

海外のエクでは禁止されてるレベルの最強カードです。このカードのおかげで、ピン刺しのサポートを増やせました。無人も積極的に回収して、ミュウミュウ相手や、その他特性依存のデッキには死んでも貼り切る意識でいきます。3入れたいですが、枠がないので2採用です。


マチス 1

サイドを先行された時に相手縛ったりネクロズマを起動するために必要札を揃えるためにサポート二枚使いたい場面があったので採用しました。タイミングよければ便利ですが、コストになることもしばしばあります。1でいいです。


グズハラ 2

神カードです。大体無人ニコタマフライパンを持ってきます。強いですが持ってくるもの的に2あれば十分です。サイド落ちケアをしないなら1にします。


グズマ 1

相手を縛ったり倒したり…なんだかんだあれば便利なので採用しました。2入れたいですが、枠がないのでルザミーネで使いまわします。


シロカト 2

可愛さと強さを兼ね備えた女神。こいつのおかげでサポート使い回しやすくなり、縦引きもしやすくなったのでとても助かりました。枠があったら3入れたいです。


フウラン 1

このデッキはLOも狙えるので自分の山札回復用と、稀に入れ替えとして使います。事故った時にこいつがいたら、後から回収すればいいのでこいつでリフレッシュします。1でいいです。


マオスイレン 1

前はアセロラ2採用をしていて、入ってなかったのですが、タッグコールでの持ってきやすさ、エネを付け替える必要がない、などの理由で採用しました。2枚ほしい気はしますが、回復のためのコストが大きいので1採用です。


ジュジュハチ 1

LOに僅かながら勝ち筋を残すためと、終盤相手を縛って、こちらがLOを決めるために採用しました。1採用で十分です。


スタジアム 3


無人発電所 2

テテフ止めたりデデンネ止めたりオドリドリ止めたりミュウミュウ止めたりケルディオ止めたりドラン止めたりetc…。三枚欲しいですが、枠がない、ルザミーネで使いまわせる、といった理由で2採用です。


テンガン山 1

鋼エネ回収用です。これを使えばグズハラやグレートキャッチャーがノーコストで撃てます。枠的に1枚でいいです。


エネルギー 12


ニコタマ 3

ルカメタデッキ必須カードです。これでこうてつのこぶしも、フルメタルウォールも完結できます。グズハラで持ってこれるのと、4枚使うことないと気づいたので、3採用にしました。


ビーエネ 1

これで、つめできりさくで90ラインまで倒せるようになります。イクリプスサン280ダメージを出すこともあります。


鋼エネ 7

ビーリンを使うことも考えると、あと2枚くらい欲しいですが、枠がないので断念しました。


ユニットエネルギー雷超鋼 1

グズハラで持ってこれる鋼エネルギーです。エネスピ採用で役割が薄くなりましたが、やっぱりあると便利です。1枚でいいです。


不採用カード


枠がなかったため削ったカード達です。よろしければご覧ください。


ククイ博士 

こいつがあればルカメタでジラーチ倒せると思いましたが、そんなに都合よくこない、ブルーで持ってきても逃げられる、そもそも持ってくる間に二回殴れる、ってことで不採用になりました。


ウルトラフォレストの神使い

フーパを倒すようです。ですが、ラフレシアを倒せないしどちらにしろキリンリキにロストに送られるので、ジュジュハチになりました。


ビーストナイト

決まれば気持ちいいですが、うまく決まらないので不採用です。ルカメタに使えないというのもあります。


エネリサ

ビーリンを発動させるために入れていましたが、素でエネルギー入れる方が強いなと思ったので不採用です。枠があったら入れたいです。


隠密フード

ラフレシアに対してはこいつを採用すればいいのでは?とも思いましたが、一回割られたりしたらおしまいで、スイレンの釣竿やまさかマーレインを採用する枠もないので、お蔵入りになりました。


当日マッチアップ

ここからは、当日のマッチアップについて書いていこうと思います。


1戦目 アロキュウサナサナニンフ 後○ 6-0

相手の2ターン目で、こっちにはエネ3個ついたルカメタ、お相手はエネ1個ついた状態でグズマハラを使っていて一気に4エネプラス鉢巻をつけてルカメタを倒せる状況、終わったと思ったら、お相手三個玉ではなく、ユニットエネを貼って攻撃してきました。返しで倒してそこからは押し切って勝ち。三個玉二個玉全部落ちてたっぽいです。


2戦目 三神ラフレシア 先○(お相手降参)

ラフレシアだけになればLOを決めればいいと思っていたので、三神が殴れないうちに処理。お相手はGXラフレシアで攻撃するプランを取ろうとしていましたが、ジュジュハチでアメが落ちたところで、お相手降参しました。綺麗に決まりました。


3戦目 ひかるミュウロットワール 後× 3-6

ロットワールを引っ張り出してエネを割ったり、カラマネロをこぶし2回で倒そうと思いましたが尽く入れ替え札を握られ、そうこうしてるうちに一体はロットワールを倒せましたが、ナイトウォッチャーでルカメタを一体倒されて最後はリセスタ後にペイルムーンを撃たれて解決札引けず負け。フルメタルウォールのタイミング毎回間違えます。


4戦目 ホミカアロパン 後○(種切れ)

両事故。お相手テテフスタートで、こっちも碌なサポートを引けませんでした。お相手の重要札がデッキに眠ってそうだったので、ジュジュハチで落とすかと思い撃ったら、こっちがタッグコール2枚、ニコタマ1枚落ちました。お互いエネを貼りながら攻撃していったんですけど、こっちが一旦フルメタルウォールを撃ってエネ破壊をした後、こぶしヘビインでテテフを倒して、その後ドガース2体倒して終わりました。


5戦目 フリーザーヤドコダ 先× 1-6

最初にプレシャスボールでルカメタ持ってきたとこから既にミスをしていました。ビーリンも手札にあったしネクロズマでよかったです。フリーザーにフライパン込みで40削られてヤドコダの準備が整った後、お相手がカスミのお願いを全部回収したので、スタンプで流してフリーザー倒した後、出てきたヤドコダにフルメタルウォール当てればいいかと思ったところでも、ミスをしました。7枚見てカスミのお願い1枚含むサポートが4枚ある確率を考えてませんでした。その後ルカメタを2体連続で倒されて負けました。


決勝T1戦目 ルカメタラフレシア 先○(じゃんけん勝ち)

最初ジラーチが出てきたので何の型だろと思っていたら、ラフレシア、さらにルカメタまで出てきてLOすることにしました。とりあえずジラーチ2体を倒した後ナゾノクサを1体倒してサイドに埋まってたジュジュハチを回収。ルカメタはアセロラで回収されお相手の場はラフレシアのみに。こちらとしてはルザミーネループしてジュジュハチで削り切れば勝てると思っていたら、お相手もルザミーネをいれており、そこからはジュジュハチのタイミングを伺いながらひたすらぐるぐる回ってました。アセロラでルカメタの回復は間に合っていたのとジュジュハチをこっちが握ってる分絶対にどこかで崩せる自信があったので、ずっと続けていましたが、ジャッジの方の裁定により、じゃんけんで決着をつけることになりました。じゃんけんに勝利し、1戦目突破しました。


決勝T2戦目 ジラサンピカゼク 後○

お互いとりあえずは、事故もなく順当にポケモンを育てていったのですが、お相手のピカゼクかライライか、2体目のタッグアタッカーが、サイドに埋まってたようで、コケコ(プリズム)で殴ることも視野に入れ、フルドライブでコケコにつけてました。その後ピカゼクのエネを破壊して攻撃し、相手がなんとかピカゼクを立て直し、タッグボルトを切ってルカメタを倒した後、こちらがネクロズマを起動させてピカゼクを倒しました。そして、時間切れ後に、グズマで相手のジラーチを倒して、決勝Tサイド差ルールで勝ちました。


準決勝 三神ラフレシア 後○(お相手降参)

お相手がたくさんマリガンしたので、三神ラフレシアなのがわかりました。最初お相手事故ってて、イージーウィンできるかと思ったんですが、結局ラフレシアがたってしまい、LOすることにしました。三神が出てきたらフルメタルウォールを当てるために、エネルギーの準備はしてアセロラで回復しながらジュジュハチで相手の山を削っていったのですが結局時間内に間に合わず時間切れ後続行になり、こっちが2回目のフウランを使ったタイミング?(この辺覚えていない)でお相手が降参しました。


決勝 ルカメタフーパピッピ人形LO  先○(お相手降参)

見た時終わったと思いました。この系統の相手に勝つにはキリンリキドローゴーさせるか、上振れジュジュハチするしかなかったのですが、フーパスタートから1ターン目でダイゴを使われたので、必ず現れるであろう、キリンリキを倒しまくるしかない、そう思って、とりあえずベンチにいたアブソルを倒す準備をしようと思って、ブルーでグズマを回収しようとしたら、サイドに埋まってました。とりあえずジュジュハチで運ゲーをしていたんですが、ちょっと殴る用意がしてある、ほぼ純正LOに回収合戦で勝てるわけもないので、とりあえず出てきたキリンリキを倒してグズマひろってくるしかないなぁ、と思いながらキリンリキを、ルザミーネとジュジュハチを引き換えに倒して、その後、エネを破壊されて動けなくなったネクロズマを縛ろうと出てきたヤミラミを、タッグスイッチ2枚使って、無理矢理ネクロズマを起動させて倒しました。その後両者順調に山が削れていった後、こっちの山が5枚になったタイミングで、お相手がマチスを使ってきたので、ジュジュハチジュジュハチで負けかと思いました。まぁ準優勝だし十分か、と思ってたら、お相手の山からジュジュハチが落ちていきました。ジュジュハチ3枚構成かと思ったらお相手が手札を確認し始めました。後から話しが聞こえてきたところによるとルカメタとジュジュハチを見間違えてたそうです。その後、お互いフウランやらで山札回復させた後、同じように続けていきひたすらキリンリキが再臨するのを待っていました。その後しばらく続けていたのですが、お相手がルザミーネを全てトラッシュに落としてしまったようで、お相手諦めて降参。優勝しました。


環境デッキとの戦い方

環境デッキとの戦い方を書いていきます。環境デッキといっても、今の環境はめちゃくちゃなので、とりあえず思いついたものを書いていきます。それと、お前それ上振れやんか、っていうものも多々見られると思いますが、ご容赦ください。


レシリザを始めとした炎系統(炎ミュウミュウ含む)

最初の方、お相手はカキなどで加速しながら攻撃してきますが、ここでほんとにやばい時以外は、GX技を切らないで、フライパンで耐えながららこうてつのこぶしで、レシリザなどの高HPポケモンにダメージを与えていきます。そして、予めネクロズマをベンチに置いておいて(可能ならば二体とも)、ルカメタが倒された後、ブルーでビーストリング、そして動きを止めるためのスタンプを持ってきて倒します(場合によってはここでネクロズマのGX技を切る)。その後は、再びルカメタを育てたりもう一枚のビーストリングで再びネクロズマを起動させたりして相手を倒してサイドを取り切ります。また、終盤の方にGX権を残すことができていればフルメタルウォールとスタンプで、お相手がほんとに止まるので、先ほども言いましたが、序盤でGX権を切ることは極力避けます。


ピカゼク(ジラサン入含む)

こちらの場合も基本的にはGX権は温存しておいて最初のピカゼクはルカメタとネクロズマ2体がかりで倒します(できればルカメタ一体でもってけるのが望ましいですがこちらがこうてつのこぶしで加速しなければいけないのに対し相手はサンダーマウンテンやコケコプリズムスターで加速して来るのでそれはだいぶ難しいです)。そしてピカゼク一体を倒した後、フルドライブで加速したピカゼクかライライに対して、スタンプを打ちブロアーで大体相手の盤面にいる、ボード付きジラーチの機動力を奪いながら、フルメタルウォールでお相手の動きを縛ります。経験上ですが、ここまで決まれば、後は多少ゆっくりでも、こうげきしていって、詰めて勝ち切ることができます。タッグチームアタッカーが三体準備されるときついですが、お相手もジラーチだったりデデンネだったりを並べるので、そのような盤面は経験上ほぼないです。


ゴッドパーフェクション

基本的には三神に攻撃させないこと、絶対に無人を貼り切ることを目標に動きます。基本的には、相手がオルタージェネシスを撃ったタイミングで、フルメタルウォールを切り、その後は相手とスタジアム権の奪い合いをしながら、相手の場に三神がいた場合はグレートキャッチャーを用いてそいつを倒すように動きます。いない場合は、こっちの盤面が整ってる場合はミュウミュウを倒すように、そうじゃない場合は回復優先で盤面を整えながらミュウミュウを倒さないように動きます。そうしないと、倒してもリセスタで事故らされて、一体目を蓄積で倒された後、カイリューの技で二体目を倒され負ける、ということがゴッドパーフェクションと練習した時の感覚でした。


三神ケルディオ

こちらも基本的にはオルタージェネシスを撃ったタイミングで、フルメタルウォールを撃った後、三神を倒しきり、裏から出てきたケルディオを、ブロアーでうねりと自身についているフライパンを剥がしハチマキをつけてヘビーインパクトでワンパンします。ここで、ブルーで確実に無人やブロアー、鉢巻きを持ってこれるのでこの中のどれか一枚プラスブルーがあればケルディオに一回しか行動させず倒すことができます。その後はお相手の準備が整っていないことが多くそのまま押し切ることがこれまで試した感覚だとできます。ちなみにこれと上のデッキ相手ではビーリンを発動させることがほぼできないので、ネクロズマは大体グズハラなどのコストになります。


超バレットイカ系統

序盤は絶対にイカ、もしくはジラーチを執拗に狙います。ルザミーネでグズマを使い回しイカを倒しきる、少なくとも、イカが一体以下になるように動きます。ギラティナは基本無視です。こいつを倒して、サイドをとっていくと3枚とったあたりで、突然ロットワールが出てきて、スタンプからのナイトウォッチャーで動きを止められら大体負けます。

また手札は可能ならば4,5枚になるように動きます。そうすると相手がゲンミミプランを取ろうとした場合も、GX権を切ってくれます。ゲンミミのGX後に一体落とされる場合はその後手札枚数を調節すれば二体目を落とされることがほぼないのでそんなに構わないです。

ガブギラ相手が結構厳しくてら火力が高いので割と序盤からガブギラで殴ってきた場合はだいぶしんどく、スタンプを撃ちながらガブギラを落として後は運ゲーになってしまいます。体感的には炎よりガブギラの方がきついです。

ウルネクに対してはイカを二体倒した後、お相手のウルネクをネクロズマで倒し、ビーリン圏内から脱出、その後、二体目のウルネクかジラーチなどを倒し切って、勝ちに持ってきます。お相手が上振れて、2ターン目からウルネクで攻撃してきたりしたら、フルメタルウォールとかでごまかしながら闘いますが、大体負けます。体感的にはガブギラの次にきついのがこいつです。


ゾロアーク

絶対に無人を貼り切る動きをします。僕の不勉強なだけかもしれませんが、ゾロアークはそこまでたくさんうねりが入っていることは少なく、リセットホールマーシャドーを使い回すことが多いように感じたので、一回うねりを割って.相手のベンチにリセホマシャがいないタイミングで、無人を貼ってリセスタで相手の手札を流せば割と止まります(運がいいだけだっかもですが)。また、それができなくても、ゾロアークの火力なら回復が間に合うので押し切ることができます。ただ、超越には注意しなければいけないので、サイドをとりに行くときは、絶対に二体目のアタッカーを準備した上で攻撃していきます。


ゴルーグ

正直お祈りゲーです。やぶれかぶれで事故ったら負け、そうじゃなきゃ勝ちです。ただ、フルメタルウォールを挟んでフライパンを貼ってしまえば相手は4回、ハチマキつけてブロアーでフライパンを割られても2回殴らないと倒せないですし、その状況はあまりないです。そうなった場合もお相手はハチマキなので、こちらからのヘビーインパクトでワンパンできるのでそこまで心配はしてません。お相手が何回かやぶれかぶれで試行回数を稼いでるうちに準備を整えればいいので、めちゃくちゃ事故らされない限りは、基本的には有利マッチだと考えています。


思いついた構築がこの辺りになります。また他のにこうしようというのを思い出したら追加します。



当日のプレイングの反省点

いつも通りブルーで持ってくるものも、フルメタルウォールのタイミングも、毎回間違えてました。このデッキは僕には難しすぎるのかもしれないのですが、理論上は強い(はずな)ので、よろしければ使ってみてください。新スタン用の原案も掲載しておきます。

画像2


大火力の鋼vと、vを持ってくるボールが実装される予定なので、ネクロズマとプレボはそいつらと入れ替えになります。なので、ビーリンビーエネも入っていません。


最後に

拙い文章で申し訳ありません。ここまで読んでいただいた方ありがとうございます。


*2019年11月9日20:07 

謝罪のノート作成にあたり、この記事から、デッキや当日のマッチングに関する情報以外の文を削除いたしました。














この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

白虎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。