暮らす

魅力的な「福利厚生」とは?ex.メルカリ/hey/bydesign

こんにちわ。bydesign広報のきむらです。

みなさんが仕事を探すときに、仕事内容・給与以外に重視するものは何でしょうか?

社内の雰囲気・会社のビジョン・立地などの利便性と色々ありますが、できれば魅力的な福利厚生のある会社で働きたいと思いませんか?

福利厚生って会社ごとに結構違いがあり、比較してみると、その会社の「らしさ」のようなものが見えてきます。

本日は、ユニークな福利厚生のある会社としてメルカリ、hey、bydesignの福利厚生の一部を紹介してみます。

株式会社メルカリ 「最適なデバイスの貸与」「Sick Leave」

画像1

画像:株式会社メルカリ 公式サイト

最適なデバイスの貸与

メルカリでは、希望があればいつでも最新スペックのPCを社員に提供し、社員が一番パフォーマンスがあげられる環境づくりにコミットしています。

希望のPCを希望のスペックで用意します。最新のPCが発売されれば、面倒な手間もなくすぐに交換できます。デュアル・ディスプレイも可能。技術書の購入も全額支援します。

Sick Leave(シックリーブ)

こちらは予測不可能な病気やケガについては、有給関係なく10日間の休暇を付与するという制度。

いろいろ難しいことを考えず、体調管理に集中できるってすごくありがたいですし、治ったらとことん頑張ろうという気になりますね。

メンバー本人の病気・ケガを事由とした休暇を年10日間、有給休暇とは別に付与します。

一見すると「超ホワイト企業では?」と単純な思考に陥ってしまうのですが、メルカリがこのような環境を提供する意図としては、最高のパフォーマンスをだすための環境はいくらでも与える、しかし言い訳はできない。ということなのだそうです。

みんなが本気で、最大のパフォーマンスを狙う。メルカリの強い想いが感じられる、素敵な福利厚生だと思います。

Hey/ 「boost hey」

画像4

画像:ヘイ株式会社 公式サイト

ノミニー制度:一緒にはたらきたい友人・知人とのゴハン代補助

よいつながりがよいチームを作ると、よく言われますね。

こんな制度があれば、自分のまわりにいる優秀なひとや、会社に合いそうだと思うひとを社員が気軽に食事に誘うことができます。いいですね。

19時以降アルコールドリンク無料

よし、あとひと頑張り!というときの一杯で、俄然仕事のやる気が出るというタイプのひとにはとっても嬉しい制度ですね。

普段話せない別部署のひとにも、一杯飲んでるし話しかけてみようか…とコミニュケーションの活性にも一役買いそうです。

Just for Fun - 「楽しみ」のための経済へ。

というメッセージを掲げるHeyでは、社員の「楽しい」や「やりがい」にも直結するような採用、働き方にまつわるものを紹介しました。

基本的な考え方として、最も良い報酬は、給与での還元である、と考えています。でも、給与で還元すれば全て解決かというとそうでもありません。給与だけでは補えない権利や制度、つまり、お金で解決できないことをBoost heyで補おう、というのがheyの制度・福利厚生の指針です。

株式会社bydesign「Welness for you」

画像3

さいごにbydesignの福利厚生を一部紹介します。

「Wellnes for you」、社員が心身ともに豊かであるような環境づくりを、食や働き方など多方面からアシストしています。

完全栄養食、栄養補助サプリ、プロテイン無料

画像4

仕事中の食事は気を抜くと栄養バランスが偏ったり、代わり映えしないメニューになりがち…。とりあえずコンビニでサクッと済ましちゃうという人も多いのではないでしょうか。

bydesignではコーヒーやお水のほか、タンパク質・糖質・脂質などのバランスの優れた完全栄養食、栄養補助サプリ、プロテインが無料。

実際に、社員のMac横を撮影してみました。

iOS の画像 (15)

改めて見ても、wellness意識高めのラインナップですね(笑)

「完全栄養食」の正体はもちもち食感のパンなのですが、すごく美味しくて癖になります。しかも栄養たっぷり…。

画像7

BASE BREADは、1食で1日に必要な栄養素の1/3をすべてとれるパーフェクトフード※1。ビタミンやミネラルなどもバランスよく含んでいるので、基本的な栄養バランスを手軽にととのえることができます。

美術館/アート支援、書籍購入サポート

美術館やアートは月3000円、書籍は月5000円まで補助しますという制度です。

美しいものに触れることは豊かな心を育むだけでなく、様々な気づきにより視野が広がったり、仕事にもよい影響があります。

この制度を使うときに面倒な申請は不要で、slackの専用チャンネルに投稿をするだけでok!この手軽さも魅力です。

サテライトワーク制度

画像5

こちらは社員のリフレッシュを目的に年に10日間、有給等を使わずにフルタイムでリモート勤務が可能。サテライト中は6時間 / 1日の勤務でOKという制度です。

この制度は、いつも違う空間で働くこと、勤務時間も通常に比べ2時間短いというところで社員のリフレッシュを目的につくられました。

たとえば、3週間海外にいって、そのうち2週間は有給+残り1週間はリモートで働くということもできます。

✳︎

3社の福利厚生、ほんの一部しか紹介できていないのですが、それでも会社によって個性というか、違いがあって面白いですね。

自分の理想的なワークスタイルを叶えやすい、自分にとって理想的な福利厚生のある会社を選べるといいかなと思います。

それでは、本日はこのあたりで失礼します。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteを読んでくださり、ありがとうございます。わたしたちはnoteを通じて、たくさんのひとに想いを伝えていきたいので、金銭的なサポートよりも、「スキ」やSNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです。

スキ、ありがとうございます!
3

株式会社bydesign 広報

「素敵な空間をもっと手軽に、身近に感じられる世の中へ」こだわりの天板×金属脚テーブル『かなでもの』・ハイセンスなお祝い用植物『Botanism』・不動産×家具をワンストップで実現『Moover』3つのサービスを運営しています。https://bydesign.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。