見出し画像

D2Cの流行をどう見る?「世界観の没入」に必要な3つの条件

先日、弊社の代表 音田が家具D2Cブランド「かなでもの」についてお話した内容が「ECのミカタ」さんの取材記事としてアップされました。

ECで難しい商材といわれる「家具」のマーケティングについて、細かな部分まで語っているので、D2C・ブランド世界観・マーケティングというワードに常日頃触れている、という方は必見です。

「かなでもの」は家具ブランドですが、bydesignでは単にD2C家具ブランドとして成功したらいいという考えではなく、家具や他サービスを通して「誰もが素敵な空間にアクセスできる社会の実現」を目指しています。

さいごに。

bydesignでは、家具/インテリア・空間領域、D2Cビジネスに興味のあるマーケターさんを随時募集しています〜!

ご興味ある方は、bydesign「CAREERS」よりお問い合わせください。

#ECのミカタ #D2C  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteを読んでくださり、ありがとうございます。わたしたちはnoteを通じて、たくさんのひとに想いを伝えていきたいので、金銭的なサポートよりも、「スキ」やSNSでシェアしてもらえると、すごくうれしいです。

スキ、ありがとうございます!
2

株式会社bydesign 広報

「素敵な空間をもっと手軽に、身近に感じられる世の中へ」こだわりの天板×金属脚テーブル『かなでもの』・ハイセンスなお祝い用植物『Botanism』・不動産×家具をワンストップで実現『Moover』3つのサービスを運営しています。https://bydesign.co.jp/

ECマガジン

EC関連の記事を集めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。