佐竹

ミラン・クンデラ、好きな本、海外一人旅、その他書きたいものを書きたいときに。コルクラボ4期。IT企業の経営企画室で働いてます。

中国食道楽記(3) ー小麦と肉とスパイスと

中国シルクロードの食記録、間が空いてしまいましたがラスト更新です。西寧→夏河→張液→敦煌編 。今回は街ごとではなく、まとめて書きます。 シルクロードの朝ごはん ...

人生に、重さはあるのか?――『存在の耐えられない軽さ』

我々の人生に、重さはあるのだろうか?  例えばたいていの物語では、主人公の〈重さ〉がドラマの起点となる。彼/彼女は逃れられない使命を背負っており、その重荷に耐え...

あなたの人生の軸は何ですか

最近会社で現場社員として新卒採用面接をするようになった。たまに人事がこの手の質問をしているのを隣で聞いて、苦々しい気分になる。そのたびに自分が就活をしていたとき...

問いつづける物語-『存在の耐えられない軽さ』

読み終わってから始まる物語がある。 私はミラン・クンデラの『存在の耐えられない軽さ』という小説が超好きで、大学生のときタイトルがかっこよすぎるという理由で読み...

中国食道楽記(2) ー西安で羊肉に狂う

北京から寝台列車で西安へ、のつもりだったけど列車に乗り遅れたので硬座(リクライニングできない普通の座席)で13時間かけて西安へ。 シルクロードの出発地点、西安。こ...

中国食道楽記⑴ ー大都会北京・北朝鮮レストラン編

海外の大きな街には大抵中華料理屋があって、慣れない食文化に疲れた私をいつも助けてくれる。特にヨーロッパでは、パンと冷たいピザしか買えない貧乏旅行者の胃袋を、中華...