メントレをカレンダーに記録

こんばんは、PATEです。

メントレとは、メンタリストDaiGoさんの弟さんが作った瞑想アプリです。

DaiGoさんの放送を見ている方は、メントレ使ってる人多いと思いますが、こないだのnote

iPhoneやiPadで瞑想時間を入力するだけでApple純正タイマー起動と同時に iOSカレンダーとヘルスケアに自動記録する方法

では、メントレを使わずに、iOSカレンダーとヘルスケアへの記録ができるようにしました。

今回は、メントレをiOSカレンダーに自動記録するものを作ったので紹介します。

・メントレを自動起動
・iOSカレンダーに自動記録
・自動でおやすみモードオンオフ

最初にメントレを何分やるのかを入力すると、メントレが自動で起動。

メントレから実際の瞑想時間のデータは引っ張ってこれないので、この起動したタイミングを基準にしています。

起動と同時にカレンダーへ記録されますが、メントレ起動→実際の瞑想開始まで時間がずれるのを考慮して、記録時間を15秒後ろにズラしています。(はやく始めないと記録時間とのズレが拡大します)

たとえば、23時45分15秒に起動したとすると、カレンダーには23時45分30秒から記録されるということです。

メントレには、ヘルスケアアプリへ記録する機能がもともとついてるので、今回はiOSカレンダーのみ。

やり方

前回と同様、Apple純正アプリ「ショートカット」を使います。

ショートカットをダウンロード >

このアプリで、下記の仕組みのショートカットを作成してやればOK。

・メントレ時間の入力を要求
・現在時刻に15秒加算
・15秒加算したものにメントレ時間を加算
・新規イベントを追加
・おやすみモードオンオフ設定
・Appを開く(メントレ)

ちょっとこういうのに詳しい方ならこれだけでサクッと作れると思いますので、自分で作れるという方はやってみてください。

ザックリとした解説は以上です。

できるけどめんどくさい、わからないけどググって勉強するのもめんどくさいという方のために、お金で時間を買う選択肢も用意してあります。

これより先の有料エリアでは、私が作ったショートカットがダウンロードできます。

普通に作ると記録時間が12時間ほどズレる問題が起きる場合がありますが、そのへんも解決してあります。

また、初心者でも大丈夫なように、使い方の簡単な説明も書いておきました。(わかりにくいという声が多ければさらに加筆します)

この続きをみるには

この続き:706文字/画像4枚

メントレをカレンダーに記録

PATE

540円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

書籍の購入資金に充てさせていただきますと言いたいところですが、美味しいものを食べに行きますのでよろしくお願いします。

PATE

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。