背が高くて恥ずかしい。身長へのコンプレックスがくれたもの

物心がついた頃から、身体が大きい子供だった。
幼稚園の頃から小学生に間違えられ、背の順はいつも一番後ろだったことをよく覚えている。小学校に入学したばかりなのに4年生に間違えられたこともあった。小さい頃、この「身体が大きい」ということが物凄いコンプレックスだった。

「何年生?」と聞かれ学年を答えると「あら、もっと上の学年かと思ったわ」と言われることも多かった。自分は実際よりも2-3学年上に見られているのか、と思うと、振る舞いもそれに合わせた方が良い気がしていた。実際に同学年の子達よりもわがままを言うことは少なかったと思う。

一番憂鬱に思っていた学校イベントは健康診断で、自分の身長と体重が平均を大きく上回ることが恥ずかしく、もし周りの人に自分のサイズが知られたらどうしよう…と悶々としてた。しかも出席番号順で自分の前に並んでいる子は、クラスの中でも小柄な女の子。彼女の後に計測というのも嫌だった。

誰に笑われる訳でもないのに、周りの子供と比べ、「自分はなんて恥ずかしい子供なんだろう」と思っていた。

叩かれれば伸びなくなるかも、と剣道部に入部

もうこれ以上伸びないで…と祈りながらも私の身長は伸び続け、小学校6年生の時点で168cmになった。小学校5年生の時に、上級生に「伝説の巨人」とからかわれたこともあり、このまま大きくなり続けたらどうしようと本気で不安に思っていた。

そんな折、あるバレーボール選手のインタビュー記事を読んだ。その記事には「バレーボールやバスケットボールの選手は、ジャンプするから背が伸びる」みたいなことが書いてあった。確かにバレーボール選手は背が大きい人が多く、彼女たちに比べれば自分は身長が小さい。

そして、「ジャンプして伸びるのであれば逆に、叩かれれば伸びなくなるのでは」という安易な理由で剣道部を見学し、入部した。この仮説が正しかったのか私の伸び盛りが終了したのかわからないが、中学1年生からは身長が伸びなくなった。

場所が変わればコンプレックスへの見方も変わる

子供の頃は、恥ずかしくて仕方なかった自分の身長だが、成長するに従って「背が大きくて羨ましい」と言われることも増え、そこまで気にならなくなっていった。ただ、ヒールを履くと170cm以上になってしまうので、常に頭の片隅に身長のことはあったと思う。

街に遊びに出かけると、自分はやっぱり大きいなぁと思うことも多かった。剣道のおかげで上半身もかなりがっしりしてしまい、デカイ上にガタイがいい女になってしまった…と小柄な女性を羨ましく思った。

そんな自分が、ここ数年、身長を全く気にしないようになった。大きな理由は、オランダへの移住だ。オランダ人は男女ともに平均身長が高く、今まで平均を大きく上回っていた私は、なんと「平均以下」にカテゴライズされるようになった。

オランダでも剣道を続けているのだが、生まれて初めて「マリコはスモールピーポーだから、その小さい身長を生かして剣道をしないと!」と言われた。剣道を続けて20年、「小さい人」として剣道をしたことが一度もなかったので、驚いたしなんだか嬉しかった。

服のサイズも、日本では大きいサイズを選び、「いいな」と思って着てみたら思いの外小さかった…など残念な気持ちになる経験が多かったが、オランダでは一番小さいサイズを着ている。

バスや電車、公共の場では、日本にいた時は「自分はデカイ女だなぁ」と周りと比べてしまっていたが、ここでは周りと比べずに済み、すごく気が楽になった。自分は、自分が思っている以上にずっと身長のことで苦しかったんだなぁと思う。

コンプレックスには、克服できるものとできないものがある。身長に関しては、縮めることはできないので「克服できない」ことになるかもしれないが、身を置く場所を変えることで「気にならない」ようになったと思う。
また、「時間」や「成長」もコンプレックスとの距離を変える。小さい頃は「この世の終わり」のような気持ちでいたが、年齢を重ねると徐々にその傷は小さくなってきた。

コンプレックスがくれたもの

そしてもう一つ、コンプレックスは苦しみだけではなく、色々なものを私に与えてくれた。一番大きいのは、剣道かもしれない。

オランダの首都アムステルダムには180もの人種がいて、剣道をやっている人たちも実に様々である。陸続きなので、周辺国の人たちと剣道を通して交流する機会も多い。つい先日は、欧州剣道選手権大会がセルビアで開催され42カ国から参加があった。

礼儀に厳しく、上下関係を重んじ、努力することを美徳とする剣道は、儒教や仏教の影響も大きく受けており、「典型的な日本人の価値観」の代表だと思っている。それが良く作用するときもあれば、同調圧力として人を苦しめることもある。この剣道が欧州の人たちに広く受け入れられていることは非常に興味深いし、日本の価値観を再考する良いきっかけになっている。しかも、海外剣道をテーマとして記事を書く機会もでき、仕事にもなった。

また、日本では「自己主張の塊」扱いされていた自分に対して、「マリコは自分がなさすぎる。もっと主張しなければダメ」と同じ剣道仲間に言われたことも衝撃だった。「日本文化」である剣道を通して、違う価値観に出会うことはとても面白い。

「身長が伸びなくなるために」と不純な動機で始めた剣道だったし、身長が縮むことはなかったが、友達や思い出、今の自分の基礎になる、たくさんのことを貰った。

他にも、自分には大なり小なりコンプレックスがあり、それを抱えながら生きている。嫌な思いをすることもあるし、必要以上に気にして落ち込むこともある。でも、それらは全部自分の一部だし、全部が全部悪いことだけではない。コンプレックスと付き合う過程で、新たな出会いや気づきがあるかもしれないと、今は少しゆったりと構えている。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金はオランダの少年少女剣士たちのイベント費用に活用させていただきます

ありがとう!今日もあなたにいいことありますように!
10

マリコ

オランダと日本2拠点で活動する海外リモートワーカー。オランダ移住や副業・複業・フリーランスの働き方について発信しています。雑誌「剣道時代」の英語版Webサイトの運営もしています。剣道五段、TOEIC880点。猫と犬が好きです。 http://1design.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。