鏡をみるときのポイントは〇〇

先日テレビでグラビアの若い女の子が「女はかわいければ何しても許される」というようなことを言っているのを聞いてあることを思い出しました。

男性の友人から聞いた話です。

学生時代にサークルが一緒の子に誰もがすごくかわいいと認める評判の美人さんがいたらしい。でもその友人のなかではその子は「かわいい」でも「キレイ」でもなく別のものだったと。

実はその子、毎回ではないけれども顔を合わせる3回に一回くらいの頻度で、鼻から鼻毛がヒラ~っと呼吸に合わせて見え隠れしていたと。あまりに気になるので、鼻毛が出ていることをその子に言おうか言わないか迷ったものの最後までやっぱり言えなかった、と。

でもそのかわいい子に顔を合わせるたびに「かわいい」と感じる余裕がないくらい「鼻毛が・・」と気になったり、その時見えていなくても「鼻毛がでないか」が心配で話も上の空になるくらいだったそう。だから「あのかわいい子が気になる」という恋愛対象になることもなく、ひたすら鼻毛が気になっていたって。

そんなに気になるのなら”伝えることが優しさ”だと女性の私は心底思うのだけれど、そこはやはり「かわいい子を傷つけたくない」男性の心理があったよう。

友人いわく学生時代から10年以上経った今でも、そのかわいい子の印象は「あのかわいい子」ではなく「あの鼻毛の子」となってしまっているらしい。

その子の鼻毛のことは以後誰かが伝えてくれたのだろうか?自分で気がついたのか?気になるところだけれど、もし気が付かないまま人生を送っているとしたら、たぶんこのかわいい子は人生の半分くらい鼻毛で損をしてしまっているに違いない。

そんなわけで、よく身だしなみで気を付けるポイントはヘアスタイルや服装など一般的に言われますが、絶対に鼻毛のチェックをすることをオススメします!

無表情だと見えないけれど、笑顔で歯を見せると見え隠れする厄介な鼻毛ちゃんもいるかもしれないので要注意です。

万が一、鼻毛が出ている女子と出会ってしまった男性は「鼻毛出てる」と指摘するのではなく「なんかついてるかも」とそっと手鏡を渡すことを推奨したいです笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

☆note気軽にフォローしてくださいね!

月刊ぴのぷらす+では、こんな日常のゆるーい気づきから、学びになるとおもった内容など少しでも何かの気づきやパワーになるような記事を目指して更新しています。少しでも気になったらお試しください


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11