オススメ本「ブランディング 顧客体験で差がつく時代の新しいルール」を読んで、自分なりにまとめてみた!

こんばんわ。

仙台で広告制作しているキャドゥマサ(トガシカズマサ)です。
今回はブランディングについて
とてもイイ本に出会えたので紹介します。

はじめに企業のブランディングとは、
端的に言うと
「顧客にどう見られるか
考え、決定し、体現する事」です。

企業の広報担当はもちろん
経営者の方も参考になるはず!!!

特に!あまり戦略的に広報などを
代理店に任せっきりの貴方!必見ですよ!

さ、スライド形式でご紹介します

こちらインサイトフォース山口義宏さんの本です
ブランディングや広告制作について
わたしが2018年に目から鱗が落ちたオススメの本です!!!
とても丁寧に1から1000まで語られています。
ブログも超絶為になるので、ぜひ!

ブランドは「ファッション」 「高級メーカー」に
限るものではありません。
むしろ中小企業こそやるべき!

例えば、チラシで「こんなに安いんだよ!」と言いながら
公式ホームページで「高級品」を謳ってた場合
おいおい!「どっちなんだよ!」って思いません?
コロコロ主張を変えるような男はモテません
スマホの影響ですぐバレるのが今の時代です

みんな知らないものは手を出さない。
少なくとも若い世代は「知らない商品」選ぶメリットがない
なぜなら、ほどほどにいい商品で世界はあふれているから。
イメージの定着が購入への第一段階なのです

よく広告製作者に「ターゲットを絞りましょう」と言われて
「いやいや、みんなに愛される商品なんだよ」と
なりませんか?
100人中100人愛される商品なんて無いの!
より商品を好きになってもらう為に
ターゲットを設定するものなんです。

みんな共感を求めています。この商品を買えば
「カッコよくなれる(キレイになれる)」
「美味い料理を安く食べたい」などなどなど
あなたが抱える商品はどんな欲求を満たしてくれますか?

何を言うか。の前に、どのように商品を作るか。
盲目的に技術を追い求めれば売れる時代ではありません。
個人の感想ですが、
テレビの5kも4kも違いが分からないです

商品は性能よりも商品を知っているか否かが大事
多彩な商品に溢れた今、顧客は「接客」なども
大きな購入の要因になり得ます。

こういった「顧客体験」を戦略に整えることが差別化し
商品の一貫したイメージを定着させることが
ブランディングになります!!!

この本では、どう広告代理店に発注するか
どう設計するか、とても詳細に書かれています。

ぜひ購入してみてください
こちらからAmazonへ飛べます

貴方のブランディングを実現し
幸せな顧客を増やしてくださいね。

以上、キャドゥマサ@トガシカズマサでした!

すいません。。。リンクがうまく貼れず

こちらから購入お願いします!!!

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%80%8E%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%8F-%E3%80%8C%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%B7%AE%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8F%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%88MarkeZine-BOOKS%EF%BC%89-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E7%BE%A9%E5%AE%8F-ebook/dp/B078X9VTX2



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

トガシキャドゥマサ @ストリーテラー

トガシカズマサ。人の想いを抽出して、文字・物語にする事に命をかけるフリーランス。取材されたい人お声がけくださいませー。社会人のキャリアは日雇いのフリーター大道具からスタート。雑誌制作から企業社長の相談役や財務を経てきました。今ではフリーランスで広告制作業やってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。