グラタンの主役は断然ホワイトソース

我が家で頻度が高いメニューといえばグラタン。肉、魚、野菜と季節の食材がクリームで美味しく食べられるのが良いので大好きでっす。
世の中的にはグラタンの素や缶詰のホワイトソースも売られていますけども、我が家では断然自家製推し。
もちろん多少面倒ではあるのですが、フルスクラッチの美味さには変えがたいもの。ホワイトソースこそグラタンの主役に違いないっ!という独断。また、とある製法?を開発してからというもののかなり楽になったのでその作り方をご紹介します。
まずは牛乳。せっかく作るのだからノンホモジナイズドで低温殺菌のものを使いたいところ。いろいろ試した結果、我が家では近所のライフのプレミアムPBの瓶入り牛乳が手に入りやすく最高なのでそれを使っております。最近のPB、マジであなどれん。
で、バター。これも良いものを使いたいですが、無茶に贅沢すると麻布十番のベイユベールのバターを…。いや発酵バターなら十分ではあるのですが、ほんとベイユベール最強。
で、肝心の作り方ですがバターを30gぐらい深めのフライパンで、ごく弱火で溶かしたら、小麦粉を少しづつ投入。
混ぜると小麦粉がバターと合わさってしっとりしますが、粉が徐々に多くなりしっとりしきれなくなるギリギリまで投入してペーストを作成。
そうしたら牛乳を少しづつ、ペーストに含ませるイメージで入れます。この後、少し中火にすると含みやすいですね。含んだら弱火に戻してまた牛乳を入れていくわけですが、ダマは全然気にしなくてよし!
牛乳が増えて行くにつれてペーストからソース状になりますがソース状になったらゴムベラで力強くかき混ぜて、均一にするのだけ心がけましょう。あとは牛乳投入→中火→フツフツ→弱火→力強く混ぜる、を繰り返して、濃いめのコーンスープぐらいで止めます。で、塩で味付け!ミルクの濃さを楽しむためにも気持ち薄めがおすすめ。
この時、全然ダマがないようだったらこれでいいんですが、もしまだダマがある感じだったらフードプロセッサー登場!もしくはバーミックス。全部いれて2分ガーッと回してあげればダマなしの美味しいホワイトソースの完成!
ま、具とかは適当でよくて、うちの相方の最近のお気に入りはマカロニだし、わたくしはやっぱり鶏肉。タマネギと一緒に炒めたら、耐熱皿にホワイトソースと合わせ入れ。チーズをかけて200℃のオープンで20分ぐらい焼いたら完成!後半簡単!
まぁめちゃ美味いんですけど、ここで少し悩みが…。
毎回、ソース&チーズ多めなんで表面が均一になってしまいシズル感に欠けるんですよね…。今後はインスタジェニックなグラタンにもチャレンジしてみたいですねー。

#料理 #ホームパーティ #グラタン #チーズ #マカロニ #鶏肉 #ホワイトソース #ベシャメルソース #男子ごはん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ぴらにあ

ぴらにあ 食の雑記帳

ちょっとマニアでそんなに役に立たない料理のお話
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。