見出し画像

朝に見つけたしあわせ

夜が大好きだった。金曜日の夜、次の日の仕事を気にせずに夜更かしをできるあの時間が大好きだった。
布団の中で一晩中ゲームをしたり、超大作の漫画を読み更けたり、真夜中は物語にのめり込める大切な時間だった。

それが出来なくなったのはやっぱり一年前からだ。
夜は辛かったことばかり思い出して、淋しくなって泣いてしまう。一人でいるとどんどん自分を追い込んでしまう。
大好きだった夜は、ただたださみしい時間に変わってしまった。

そんなとき、たまたま目にしたコミュニティに所属して、「朝活」という新しい楽しみを知った。

友達と朝食を食べてから出勤したり、テニスをしてから出勤したり。
朝早くからできることは意外と多かった。
朝起きて、ワクワクしながら待ち合わせ場所に向かう時間が大好きになった。

何より朝から活動すると、その日一日の幸福感が増すことに気がついた。充実感が全然違う。

人生は、求めているものに出会うように出来ているなんて話を聞くことがあるけど、大好きだった夜を楽しく過ごせなくなったときに、朝の楽しみ方を知れたことは幸運だった。
ひとつなにかを手放すと、ひとつ新しいなにかに出会えるように出来ているのかもしれない。そう考えると、手放すことを怖がらなくてもいいのかなぁなんて思ったり。

いつかまた夜をたのしめるようになるかもしれないけど、これからは朝に沢山のしあわせを見つけていきたい。

■関連記事→朝活について書きました


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポート代は写真の勉強代に充てさせて頂きます!有難うございます。

スキが励みになります。有難うございます!
4

かりな

思春期にいじめやネグレクトを経験して、すっかり内向的な性格に育ったアラサーOL。 自分を救ってくれたエンタメが大好きで、エンタメ業界の端っこでひっそりと働いています。 noteでは「打たれ弱すぎる泣き虫だからこそ優しくいたい」をテーマに、日々の感情について書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。