ピンタレストをピンする感覚で。

最近自分のことを少し許せるようになった。

前は他人と比較して、自分にないものを見つけては悲しくなっていた。

でも最近は自分の強みと弱みを理解して、自分に持ってない強みを持っている子と遭遇するとこの子とタッグを組んだら強いチームになるとか2人で作る未来に目を向けれるようになった。

我ながら少し進歩だとは思う。

そんな考えを持ちはじめてから、自分の為にも凄く人の良いところに目を向けれるようになった。

大事なのは、人に対して自分がいいなと思える引き出しの多さを常にストックしていることなのかもしれない。

まずは知ること、そしてそれぞれの素敵さや好きなところを頭の片隅に置いとくのが大事。

そしたら自分にとって必要なタイミングでどんなかたちかわからないけど出て来てくれる気がした。

その感覚はピンタレストのピンの感覚に近い。

私は脳内で人の性格や尊敬しているところ、いつか自分に取り込めたらいいなと思えるところを自分だけのボードを作ってピンしている。笑

ピンという感覚が好き。

すぐに使わなくてもいい。
でも残しておきたい。
時々見たいもの。
気を遣わなくていいもの。

そして集まるものすべてが好きだから、集合体が凄い自分の好きの塊の世界観になること。

ピンするというのは気が楽で良い。

世の中、ピンしたいものや一時的にピンしとくだけでも楽になるものはたくさんあると思う。

今受け入れられなくてもいい。
全部受け止めなくても大丈夫。

とりあえずもしかしたら使うかもしれない自分のために楽しくピンしていたい。

そして好きの塊を密かに作り上げる。

#日記
#コラム
#エッセイ
#読みもの





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

石原 里奈

りなの知りたがり~な

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。